地域ぐるみで子どもを育てる ~コミュニティ・スクール~

地域のみんなで地域の子どもたちをサポート

 わたしたちの家庭や地域社会は、時代とともに変化しています。核家族やひとり暮らしの世帯が増え、子どもの数が減少しています。親が共働きで、普段子どもに接する時間が少ない家庭もあります。また、近所づきあいが少なくなって人間関係が希薄となり、社会生活を送るうえでの規範意識が弱まってきているともいわれています。こうした変化は、家庭や地域の教育力の低下を招くおそれがあります。

北名古屋市で始めたこと

 子どもたちにとって、学校を中心に家庭や地域の教育力を高め、多くの大人と触れ合う中で、生きていく知恵や力、学ぶ意欲を見出し、心豊かでたくましく生きる力を身に付けることは大切です。市では、市民(地域のみなさん)と学校とが連携して子どもたちの学びをサポートしていくしくみ=「コミュニティ・スクール」を導入しています。

コミュニティ・スクールとは

 市(区町村)の教育委員会が、保護者や地域のみなさんの声を学校運営に活かすための組織である学校運営協議会を設置した学校のことをいいます。

○全国的な広がりはこれから

 全国の市区町村の教育委員会が指定するコミュニティ・スクールの数はまだ少ないのが現状ですが、コミュニティ・スクールを導入する動きは年々広がりつつあります。

北名古屋市版コミュニティ・スクールはこちら

コミュニティ・スクール事例集(文部科学省)はこちら

コミュニティ・スクールにおける地域学校協働活動(学校のホームページより)

師勝小学校

師勝小学校

消毒ボランティア ありがとうございます(6月10日)

 

本日より、CSの学校支援ボランティアさんにより感染症対策として教室の消毒のお手伝いをしていただきました。
7月1週目まで、週1回、毎週木曜日16時より活動を予定しています。
ボランティアさんは、来校時には検温等健康観察や手指消毒を確実に実施し、消毒作業をしてくださいました。本日ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。これからも、持続可能なご支援ご協力(やれるときに、やれることを、少しだけ)をお願いします。

西春小学校

西春小学校

おやじの会 「とまれ」足形マーク塗装(8月7日)

 

通学路点検の際、「とまれ」足形マークが消えかかっていることがわかり、暑い日差しの中、取り組んでくれました。このマークを見たら、しっかり止まって左右の確認をしていただけるとよいですね。
 

 

師勝南小学校

師勝南小学校

【5年生】家庭科 裁縫(6月25日)

 

家庭科では裁縫の単元に入りました。
ボランティアの方にお越しいただき、サポートをしていただいています。裁縫を初めて経験する児童が多い中、きれいに縫うことができるようになってきています。

五条小学校

五条小学校

図書室の整備 ~トショポン~(7月14日)

 

1学期の図書の貸し出しが終了しました。今日はトショポンさんが2学期に向けて、図書室の整備をしてくださいました。秋らしい掲示とともに詩が紹介されています。2学期の開館を楽しみにしていてください。


 

鴨田小学校

鴨田小学校

学校支援ボランティア説明会(7月15日)

 

昨日7月14日(水)に学校支援ボランティア説明会を行いました。新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今まで休止しておりましたボランティア活動を二学期から再開することとなりました。再開に向けて図書室の本の貸し出しや読み聞かせの打合せを行いました。ボランティアの皆様、これからもご支援よろしくお願いいたします。

師勝北小学校

師勝北小学校

鍵の取り付けをしていただきました。(8月24日)

 

熊之庄協働クラブの皆様に、ボランティアで多目的教室の鍵の取り付けをしていただきました。多目的教室で、子どもたちのタブレット端末をより安心に保管できるようになりました。
学校の環境整備に大きな力をいつもいただいています。本当にありがとうございました。

師勝東小学校

師勝東小学校

あいさつ運動(7月8日)

 

今週は不安定な天気ですが、朝のあいさつで元気に笑顔でスタートしています!

栗島小学校

栗島小学校

古タオルでぞうきん作成(7月15日)

 

朝の園芸ボランティア終了後、個人懇談会中に回収した使用済みタオルを使って、トイレの床掃除用のぞうきんを学校支援ボランティアの皆さんが作ってくださいました。古タオルのご寄付、ぞうきん作り、ありがとうございました。

師勝西小学校

師勝西小学校

おやじの会 大奮闘!ありがとうございます。(8月14日)

 

8月7日は酷暑の中で、8月14日は雨降る中でおやじの会の方々が昇降口下駄箱のペンキ塗りをしてくださいました。PTAのお母さん方も参加して一生懸命塗ってくださいました。壊れた下駄箱や色がはげてしまったところを修繕しながら丁寧に塗ってくださいました。2学期からは気持ちも新たに足元からスタートできます。15日も最終の仕上げをしていただける予定です。お盆中にもかかわらず、本当にありがとうございます。

白木小学校

白木小学校

楽しみ!ファンタジーランドの季節の飾り絵(6月3日)

 

「お花がきれい。」「ウサギさんかわいい!」子どもたちの声が聞こえてきます。図書ボランティアの方たちが、季節に合った飾り絵をファンタジーランドに飾ってくださっています。この時期は、アジサイにきれいな虹。ウサギさんやクマさん、カエルさんたちもいます。また、図書室の本を整備していただき、本の修繕やブックカバーをかけてくださっています。
毎月10日を活動日として、いろいろ考えて白木小学校の子どもたちの為に図書室の整備をしてくださっています。6月は10日(木)の午前10時から2時間ほどの活動を予定していただいています。ご協力いただける方は、ぜひ、白木小学校までお越しください。急な飛び込み参加も大歓迎です。皆さんで、楽しく活動されています。

師勝中学校

師勝中学校

「地域とともにある学校づくり」Web研修会 と 第2回師勝中学校運営協議会(8月3日)

 

本日の午後、「地域とともにある学校づくり」Web研修会と第2回師勝中学校運営協議会を開催しました。
まず、研修会では、学校と地域が連携協働する理由や、その効果、今後の課題等について具体例を含めて学ぶことができました。次に学校運営協議会では、本校の現状や、今後のさまざまな教育活動の方向性等を熟議しました。
委員の皆様、最後まで熱心にご参加いただき、誠にありがとうございました。

西春中学校

西春中学校

ありがとうございます(7月13日)

 

保護者の方から、「図書館に置いてください」とたくさんの『手作りしおり』を頂きました。
一つ一つ模様が違い、とてもきれいです。さっそく図書館に置き、生徒に還元していきたいと思います。ありがとうございました。

白木中学校

白木中学校

地域とともにある学校づくりWeb研修会(8月3日)

 

本日、学校運営協議会鹿島会長と教員3名でWeb研修会に参加しました。協働のための新しい視点になるほどと納得し、『志』を確認することができました。研修会の後に会長と今後の動向について話し合えたこともあり、有意義なひと時でした

訓原中学校
 訓原中学校

学校運営協議会(8月3日)

 

「地域とともにある学校づくり」のWeb研修会と学校運営協議会を行いました。研修会では『コミュニティ・スクールの可能性』について講師の先生の講演を聞きました。
協議会では学校運営に関する基本方針や活動計画、学校支援ボランティアなどについて、話し合いました。コロナ禍で制約が多い日々ですが、子どもたちの笑顔のために、地域と学校が手を取り合って活動してきたいと思います。
委員の皆様、本日はありがとうございました。

熊野中学校

熊野中学校

第1回熊野中学校学校運営協議会(6月26日)

 

本日、延期になっていました、第1回熊野中学校学校運営協議会を開催しました。会長の選出、今年度のCSの計画などについて協議しました。新型コロナウイルス感染症防止のため、なかなか活動ができませんが、できることからやっていくということで意見がまとまりました。委員の方におかれましては、お忙しい中ご出席いただきましてありがとうございました。

天神中学校

天神中学校

図書整備ボランティア(7月13日)

 

図書整備ボランティアを行っていただきました。今回は、図書室の整理整頓と2学期以降の活動の話し合いが行われました。ボランティアの皆さんのおかげで今後ますます図書室が楽しくなります。皆さん図書室へ足を運びましょう。ボランティアの皆さんいつもありがとうございます。

成果の声 ~学校運営協議会の活動報告から~

  • 育てたい子どもの姿を明確にし、学校ごとの取組目標であるアクションプランを共有することで、委員一人ひとりが、それぞれの立場でできることを考え、今後の方向性を見出すことができた。
  • 地域コーディネーターとの連絡や調整があり、よりボランティア活動を充実させることができた。
  • 保護者や地域を巻き込んだ行事を実施し、幅広い交流が進み、つながりがより深まった。
  • 地域行事への参加は子どもたちに郷土愛を育むよい機会となった。
  • コミュニティ・スクール便りの配布、ホームページによる情報発信により、保護者および地域の方の学校への関心・理解が深まった。

A小学校保護者意識調査結果(PDF形式 474KB)

A小学校標準学力調査結果(PDF形式 176KB)

コミュニティ・スクールの先にあるもの

 コミュニティ・スクールの直接の目的は、地域ぐるみで子どもたちを育てることですが、それだけではありません。地域の絆を深め、より活性化していくことでもあります。「子どもは地域の宝」です。子どもたちが将来大人になった時に、地域の担い手として次世代の子どもたちを育てていく、という将来的な目的も合わせ持っています。

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp