地域ぐるみで子どもを育てる ~コミュニティ・スクール~

地域のみんなで地域の子どもたちをサポート

 わたしたちの家庭や地域社会は、時代とともに変化しています。核家族やひとり暮らしの世帯が増え、子どもの数が減少しています。親が共働きで、普段子どもに接する時間が少ない家庭もあります。また、近所づきあいが少なくなって人間関係が希薄となり、社会生活を送るうえでの規範意識が弱まってきているともいわれています。こうした変化は、家庭や地域の教育力の低下を招くおそれがあります。

北名古屋市で始めたこと

 子どもたちにとって、学校を中心に家庭や地域の教育力を高め、多くの大人と触れ合う中で、生きていく知恵や力、学ぶ意欲を見出し、心豊かでたくましく生きる力を身に付けることは大切です。市では、市民(地域のみなさん)と学校とが連携して子どもたちの学びをサポートしていくしくみ=「コミュニティ・スクール」を導入しています。

コミュニティ・スクールとは

 市(区町村)の教育委員会が、保護者や地域のみなさんの声を学校運営に活かすための組織である学校運営協議会を設置した学校のことをいいます。

○全国的な広がりはこれから

 全国の市区町村の教育委員会が指定するコミュニティ・スクールの数はまだ少ないのが現状ですが、コミュニティ・スクールを導入する動きは年々広がりつつあります。

北名古屋市版コミュニティ・スクールはこちら

コミュニティ・スクール事例集(文部科学省)はこちら

コミュニティ・スクールにおける地域学校協働活動(学校のホームページより)

師勝小学校

師勝小学校

○総合的な学習の時間「未来へステップ!」(4年生)(12月14日)

10歳の節目になる4年生の子どもたちに、将来への希望とそこまでの道のりをイメージし、20歳になったときの自分に向かってチャレンジしていこうとする意欲がもてるよう総合的な学習の時間に取り組んでいます。
本時は、中学校ってどんなところ?というイメージをもつために、本校教諭の田中昇先生(前任校は訓原中学校校長先生)をお招きしましてお話をして頂きました。子どもたちは、部活動や学校行事、定期テストなどがあることを詳しく知ることができました。

西春小学校

西春小学校

○1月のPTAあいさつ運動(最終日)(1月15日)

本日、PTAあいさつ運動の最終日でした。保護者の皆様、子どもたちの見守りとあいさつ運動へのご参加、本当にありがとうございました。おやじの会の皆様方も、出勤前の貴重な時間を使って、子どもたちのためにあいさつ運動に参加していただき、感謝しています。子どもたちも、毎日嬉しそうに挨拶をしていました。やっぱり、おやじがいると違いますね。

師勝南小学校

師勝南小学校

○学校運営協議会(12月1日)

本日、学校運営協議会を開催しました。今年度のこれまでの教育活動について検証していただき、改善に向けてのご意見をいただきました。また、学区内の危険箇所や避難所運営についても協議していただきました。いただいたご意見をもとにこれからの教育活動がより良くなるようにしていきたいと思います。委員の皆様には、お忙しい中ご参加いただき、ありがとうございました。
運営協議会の中で、登下校の見守りについても話題が上がりました。広く募集を呼びかけ、スクールガードを増やすことで、子どもたちの安全を守ることができます。保護者・地域の方々のご協力をお願いいたします。

五条小学校

五条小学校

○いのちの授業(2年生)(1月20日)

今日は、助産師の平野先生によるいのちの授業がありました。
初めに、絵本の読み聞かせがありました。たくさんの命がつながっていて、そして自分たちがいることについて知りました。
次に、お腹の赤ちゃんが成長していく様子や生まれる様子を写真を見ながら学びました。赤ちゃんは大豆ぐらいの大きさから始まり、成長するにつれて目や手足の形がはっきりしていくことに、子どもたちはとても驚いていました。また、実物大の赤ちゃん人形も抱っこして、赤ちゃんの重さを感じていました。
今回の授業を通して、自分の命の大切にする気持ちや、家族への感謝の気持ちをもつことができました。

鴨田小学校

師勝北小学校

○郷土芸能クラブ(1月20日)

本日、郷土芸能クラブでは講師の方をお招きして、フラワーアレンジメントを教えていただきました。
お花の挿し方を丁寧に教えていただき、思い思いにかわいくアレンジすることができました。慣れないお花の扱い方に少し苦戦しながらも、楽しみながら取り組むことができました。教えていただきました講師の先生、ありがとうございました。

師勝北小学校

師勝北小学校

○ハッピーブック(図書館整備ボランティア)定期活動(12月17日)

ハッピーブックの定期活動を行いました。作業内容は新刊図書の貸し出し準備です。本屋さんから来た新しい本に、カバーを付けたり、分類用のシールを貼ったりしました。おかげで、子どもたちが楽しみにしていた新しい本を読むことができます。子どもたちには、ぜひたくさんの本を読んでもらいたいと思います。ありがとうございました。

師勝東小学校

師勝東小学校

○資源回収(1月10日)

本日資源回収を行いました。PTA地区委員の皆様をはじめ、保護者・お父さんの会の皆様、地域の皆様とたくさんの方々にご協力をいただきました。資源回収の収益金は、学校教育に還元させていただきます。早朝、雪の降る中、本当にありがとうございました。

栗島小学校

栗島小学校

○4年生 図画工作 デッサン指導(12月16日)

図画工作の授業では、外部講師の先生を招いて、版画のデッサンを指導していただきました。鏡で自分を観察し、自画像を丁寧にゆっくりと描きました。デッサンが終われば、彫刻刀で彫り始めるので、これから楽しみです。

師勝西小学校

師勝西小学校

○なわとびジャンプボード(12月8日)

おやじの会の皆様が、児童のために、縄跳び練習用の「なわとびジャンプボード」を作ってくれました。
師勝西小学校では、今から縄跳びの練習が活発になります。二重跳びや難しい技への練習などに、どんどん活用していきたいと思います。
おやじの会の皆様、本当にありがとうございました。

白木小学校

白木小学校

○みんなの安全を願って(1月12日)

「おはようございます。」

白木小学校の通学路では、朝からさわやかな挨拶が聞こえてきます。きちんと並んで登校する中に、見守りボランティアとして地域や保護者の方の姿が見られます。中には集合場所と学校の間を登下校ともに、付き添ってくださる方もみえ、子どもたちの安全を支えてくださっています。子どもたちが安心して登下校できるのも、みなさんのおかげです。ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

師勝中学校

師勝中学校

○邦楽教室(2年)(12月17日)

本日、2年生は外部から講師の先生をお招きして邦楽教室を行いました。筝について学びながら、日本の伝統的な音楽に触れることができました。難しいながらも、慣れない手つきで演奏に挑戦し、うまく奏でられた時には笑顔が輝いていました。

西春中学校

西春中学校

○防災学習 1年生(12月22日)

本日、5、6限に防災教育を行いました。本日は、北名古屋市の防災交通課の方の協力をいただき、様々な体験活動を行いました。簡易テントを組み立てたり、段ボールでベットや間仕切りを作ったりしました。災害が起きた際、今日学んだことを活かし、率先して活動してくれることを願っています。

白木中学校

白木中学校

○学校保健委員会「命を輝かせるために考えよう」の視聴(12月24日)
市内のコロナ感染者が増加したため、今年度の学校保健委員会は、事前収録したものをクラスごとに視聴する形態をとりました。今日は3年生が視聴しました。
今回、お招きした若渚(わかな)さんは、いつもポジティブで笑顔の絶えない20才の女性です。学生の傍ら、歌手活動もされており、今回みなさんに披露してくださった「緑玉」「マザーチーク」は、若渚さんが中学生の時に作られた歌だと伺いました。
コロナ禍の中であっても一歩前に進むためのヒントを、若渚さんのお話から考えたいものです。
なお、今回の学校保健委員会は、企画・準備から2年生の保健委員のみなさんが中心となって準備を進めてくれました。ありがとうございました。

訓原中学校
 訓原中学校

○訓中サポーター(10月8日)

地域学校協働活動の一環として、「訓中サポーター」の活動が始まりました。
本日は、図書室の環境整備を行う「図書サポーター」の第1回目の活動です。図書室をより使いやすくするために話し合い、今後の活動計画を立てました。参加していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
また、10月26日(月曜日)には花壇整備を行う「園芸サポーター」の活動も予定しております。随時募集もしておりますので、ご協力をよろしくお願いします。

熊野中学校

熊野中学校

○職業人に聞く(2年生)(11月6日)

本日5、6限に3名の講師の方にお越しいただき、2年生を対象とした職業人に聞くという会を実施しました。コロナ禍で職場体験という2年生最大の行事が中止となりましたが、3名の方に職業について、中学生の時期に大切にしてほしいこと、働くこととは、について講話をいただきました。今回の話を聞き今後の進路や、学校生活にも生かしていってほしいと思います。本日はお忙しい中、本校2年生のためにお話をしていただきありがとうございました。

天神中学校

天神中学校

○園芸ボランティア(コミュニティスクール)(10月28日)

10月28日(水曜日)コミュニティスクールの「園芸ボランティア」が始動しました。地域コーディネーターさんのご尽力で参加を募り、学校運営協議会の方にもご支援いただいています。地域のボランティアさんと共に、生徒の手が届かない校内、学校周辺の環境整備を進めていただきます。今日も2時間程で大変きれいになりました。今後も毎月第4水曜日に行っていきます。ありがとうございます。

成果の声 ~学校運営協議会の活動報告から~

  • 育てたい子どもの姿を明確にし、学校ごとの取組目標であるアクションプランを共有することで、委員一人ひとりが、それぞれの立場でできることを考え、今後の方向性を見出すことができた。
  • 地域コーディネーターとの連絡や調整があり、よりボランティア活動を充実させることができた。
  • 保護者や地域を巻き込んだ行事を実施し、幅広い交流が進み、つながりがより深まった。
  • 地域行事への参加は子どもたちに郷土愛を育むよい機会となった。
  • コミュニティ・スクール便りの配布、ホームページによる情報発信により、保護者および地域の方の学校への関心・理解が深まった。

A小学校保護者意識調査結果(PDF形式 474KB)

A小学校標準学力調査結果(PDF形式 176KB)

コミュニティ・スクールの先にあるもの

 コミュニティ・スクールの直接の目的は、地域ぐるみで子どもたちを育てることですが、それだけではありません。地域の絆を深め、より活性化していくことでもあります。「子どもは地域の宝」です。子どもたちが将来大人になった時に、地域の担い手として次世代の子どもたちを育てていく、という将来的な目的も合わせ持っています。

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp