地域ぐるみで子どもを育てる ~コミュニティ・スクール~

地域のみんなで地域の子どもたちをサポート

 わたしたちの家庭や地域社会は、時代とともに変化しています。核家族やひとり暮らしの世帯が増え、子どもの数が減少しています。親が共働きで、普段子どもに接する時間が少ない家庭もあります。また、近所づきあいが少なくなって人間関係が希薄となり、社会生活を送るうえでの規範意識が弱まってきているともいわれています。こうした変化は、家庭や地域の教育力の低下を招くおそれがあります。

北名古屋市で始めたこと

 子どもたちにとって、学校を中心に家庭や地域の教育力を高め、多くの大人と触れ合う中で、生きていく知恵や力、学ぶ意欲を見出し、心豊かでたくましく生きる力を身に付けることは大切です。市では、市民(地域のみなさん)と学校とが連携して子どもたちの学びをサポートしていくしくみ=「コミュニティ・スクール」を導入しています。

コミュニティ・スクールとは

 市(区町村)の教育委員会が、保護者や地域のみなさんの声を学校運営に活かすための組織である学校運営協議会を設置した学校のことをいいます。

○全国的な広がりはこれから

 全国の市区町村の教育委員会が指定するコミュニティ・スクールの数はまだ少ないのが現状ですが、コミュニティ・スクールを導入する動きは年々広がりつつあります。

北名古屋市版コミュニティ・スクールはこちら

コミュニティ・スクール事例集(文部科学省)はこちら

コミュニティ・スクールにおける地域学校協働活動(学校のホームページより)

師勝小学校

師勝小学校

○第3回おやじクラブコミュニティー(9月14日)

午後7時より、体育館大会議室で、第3回おやじクラブコミュニティーを開催しました。主な協議内容は、親子ふれあい活動の反省や運動会での支援活動、第2回廃品回収の協力についてでした。2学期の行事においても、さまざまな活動で協力していただきます。よろしくお願いします。

西春小学校

西春小学校

○図書ボランティアによる図書の貸し出し・返却と図書室整備(9月11日)

毎日、2時間目の放課に図書ボランティアの皆さんが、図書の貸し出しと返却のお手伝いを、毎月第2水曜日には、図書室の本の修理や整頓、図書室の飾りつけなどを行っていただいています。2学期の図書室は昨日から開館しています。今日もたくさんの子どもたちが図書室に来ていました。ボランティアの皆さんのおかげで、利用しやすい図書室になっています。いつもありがとうございます。

師勝南小学校

師勝南小学校

○久地野防犯ボランティア下校見守り(9月12日)

大変暑い日が続いてる中、久地野防犯ボランティアの皆さんが下校の見守りをしてくださいました。
学校周辺は大変交通量が多いので、児童が安全に登下校するためには、地域の皆さんや保護者の皆さんの見守りが不可欠です。今後ともよろしくお願いします。

五条小学校

五条小学校

○第2回学校運営協議会(9月10日)

瀬戸市からコミュニティースクールの視察があるなか、学校運営協議会を開きました。会の中では、地域の行事等に積極的に参加する五条っ子が、素直でやさしい様子で過ごしている姿を聞くことができました。地域とのかかわりがこれほど児童の中で当たり前になっているのは、温かく見守って支えてくださる方々がたくさんいるからだと思います。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

鴨田小学校

鴨田小学校

○CS除草ボランティア(9月18日)

全校除草と並行してCS除草ボランティアの方に来ていただき、学校の北側の除草作業をしていただきました。いつもきれいにしていただき、とてもスッキリとしました。
CS除草ボランティアの皆様、ありがとうございました。

師勝北小学校

師勝北小学校

○1年6年ペア防災講座(9月4日)

9月4日(水)にペア防災講座を行いました。1年生と6年生と一緒に防災に関する○×クイズや、ごみ袋を使ってカッパづくりなどを行いました。どちらの活動もペア同士で協力して取り組むことができました。特に、○×クイズの中には「そうなんだ!」と初めて知るようなものがありました。おうちでどんなものが出たか聞いてみてあげてください。

師勝東小学校

師勝東小学校

○にじたま 9月18日読み聞かせ(9月18日)

朝の読み聞かせを行いました。今回入った学年は1年生、3年生、5年生です。
2学期が始まり、長い休みからようやく学校になれてきた子ども達。朝は少し涼しくなってきたので、元気に外遊びをしていて、読み聞かせの時間までに頑張って教室へ帰ってきてくれます。汗だくで水筒のお茶を飲んでいる所ににじたまメンバーが到着し、一緒に読み聞かせの準備です。久しぶりの読み聞かせだったので、どの学年も比較的静かに聞いていました。

栗島小学校

栗島小学校

○挨拶運動・交通安全キャンペーン(9月26日)

今年度から時々福山通運の方が、ボランティアとして子どもたちの朝の登校を見守ってくださっています。9月21日から9月30日まで交通事故死0・秋の全国交通安全運動週間でした。それにあわせて、今週は毎朝、子ども達の登校を見守ってくださいました。

師勝西小学校

師勝西小学校

○1年生 おはなし会(9月24日)

おはなしえぷろんのお母さん方におはなし会を開いて頂きました。
実際に人形を動かすお話や、とても大きな紙芝居など初めて見るお話の世界に引き込まれ、子どもたちは真剣な表情で聞いていました。また、校長先生もエプロン姿で子どもたちに読み聞かせをしてくました。 
教室に戻った後も、子どもたちは読んでもらったお話のことで大盛り上がり。とても楽しい時間を過ごすことが出来たようです。おはなしえぷろんのお母さん方、ありがとうございました。

白木小学校

白木小学校

○いちじく畑見学(3年生)(9月12日)

9月12日にいちじく畑を見学させていただきました。
JAの方や農家の方にいちじくの年間収穫量、おいしいイチジクの見分け方、仕事内容などたくさんのことを教えていただきました。これからのイチジクの学習に生かしていきます。
また、お土産にたくさんのいちじくをいただきました。ありがとうございました。

師勝中学校

師勝中学校

○2年生社会人講話(9月12日)

5・6時限目に、社会人講話がありました。理学療法士、人形製作、市役所職員、薬剤師、消防員、パイロット、教員の講師の方々から、仕事の特徴ややりがいなどのお話をいただきました。ここで学んだことを中学校卒業後の進路選択に生かしてほしいです。

西春中学校

西春中学校

○第3回学校運営協議会(8月5日)

視聴覚室において、第3回学校運営協議会を開催しました。当日は、刈谷市教育委員会より訪問視察の依頼を受け、指導主事および小中学校の校長先生方5名が来校され、本運営協議会に参加されました。
会長の挨拶、北名古屋市教育委員会の挨拶、校長挨拶の後、協議事項の多くの時間を割いて、「本校生徒の現状と目指す生徒像」について、委員間で熟議を重ねました。 今から5年前、CSの準備段階にあった本校では、当時の生徒の状況を委員間で共有するために、家庭・地域からの視点と教員側からの視点を同一項目で様々な角度から分析しました。5年経過した現在の状況、成果と課題について委員各位から多くの意見を頂戴し、議論を深めました。

白木中学校

白木中学校

○学習支援ボランティア(9月27日)

2年生の家庭科の授業で「刺し子のコースター」作りが行われました。ボランティアの方に細かな部分まで手助けいただき、一針一針丁寧に縫っていました。この後も何回か助けていただきます。

訓原中学校
訓原中学校

○委員会活動・CSボランティア(9月27日)

委員会活動を行いました。今日は生徒会役員・学級役員の変更に伴い、新体制での初めての委員会でした。後期の委員長と副委員長を決め、前期の活動の反省を行いました。また、学校支援ボランティアとして保護者の方にご来校いただき、図書室の飾りつけの作業に取り組んでいただきました。いつもありがとうございます。生徒の皆さん、読書の秋です。ぜひ図書室に足を運んでくださいね。

熊野中学校

熊野中学校

○出校日・地域清掃活動(8月1日)

8月1日は、出校日でした。約2週間ぶりの登校でしたが、日に焼けた姿や身長が伸びた様子が見られました。そしてなにより、子供たちの元気な姿を見ることができ、安心しました。
また、地域清掃活動もありました。学校で除草をしたり、通学団ごとに決めた場所で清掃をしたりするというものです。写真は、学校での除草作業の様子です。どの通学団も15分の間、集中して取り組み、ゴミ袋いっぱいにすることができました。活動に参加してくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

天神中学校

天神中学校

○除草ボランティア活動(9月21日)

学校運営協議会の方々、保護者・地域の方々、自治会長など、たくさんの方がボランティアで参加してくださいました。1時間の活動でしたが、校内やフェンス沿いなどとてもきれいになりました。
ご協力いただき本当にありがとうございました。

成果の声 ~学校運営協議会の活動報告から~

  • 育てたい子どもの姿を明確にし、学校ごとの取組目標であるアクションプランを共有することで、委員一人ひとりが、それぞれの立場でできることを考え、今後の方向性を見出すことができた。
  • 地域コーディネーターとの連絡や調整があり、よりボランティア活動を充実させることができた。
  • 保護者や地域を巻き込んだ行事を実施し、幅広い交流が進み、つながりがより深まった。
  • 地域行事への参加は子どもたちに郷土愛を育むよい機会となった。
  • コミュニティ・スクール便りの配布、ホームページによる情報発信により、保護者および地域の方の学校への関心・理解が深まった。

A小学校保護者意識調査結果(PDF形式 474KB)

A小学校標準学力調査結果(PDF形式 176KB)

コミュニティ・スクールの先にあるもの

 コミュニティ・スクールの直接の目的は、地域ぐるみで子どもたちを育てることですが、それだけではありません。地域の絆を深め、より活性化していくことでもあります。「子どもは地域の宝」です。子どもたちが将来大人になった時に、地域の担い手として次世代の子どもたちを育てていく、という将来的な目的も合わせ持っています。

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp