地域ぐるみで子どもを育てる ~コミュニティ・スクール~

地域のみんなで地域の子どもたちをサポート

 わたしたちの家庭や地域社会は、時代とともに変化しています。核家族やひとり暮らしの世帯が増え、子どもの数が減少しています。親が共働きで、普段子どもに接する時間が少ない家庭もあります。また、近所づきあいが少なくなって人間関係が希薄となり、社会生活を送るうえでの規範意識が弱まってきているともいわれています。こうした変化は、家庭や地域の教育力の低下を招くおそれがあります。

北名古屋市で始めたこと

 子どもたちにとって、学校を中心に家庭や地域の教育力を高め、多くの大人と触れ合う中で、生きていく知恵や力、学ぶ意欲を見出し、心豊かでたくましく生きる力を身に付けることは大切です。市では、市民(地域のみなさん)と学校とが連携して子どもたちの学びをサポートしていくしくみ=「コミュニティ・スクール」を導入しています。

コミュニティ・スクールとは

 市(区町村)の教育委員会が、保護者や地域のみなさんの声を学校運営に活かすための組織である学校運営協議会を設置した学校のことをいいます。

○全国的な広がりはこれから

 全国の市区町村の教育委員会が指定するコミュニティ・スクールの数はまだ少ないのが現状ですが、コミュニティ・スクールを導入する動きは年々広がりつつあります。

北名古屋市版コミュニティ・スクールはこちら

コミュニティ・スクール事例集(文部科学省)はこちら

コミュニティ・スクールにおける地域学校協働活動(学校のホームページより)

師勝小学校

師勝小学校

○第1回学校運営協議会(5月21日)

5月21日(木曜日)体育館にて、今年度の第1回師勝小学校学校運営協議会を開催しました。地域の皆様、保護者の皆様からの意見を聞きたいという思いと今の学校の現状についてお伝えしたいという思いから、感染症対策を行った上で開催しました。主な議題は、本校の学校教育目標、令和元年度の活動報告、今年度の活動計画についてでした。参加された委員の皆様から貴重なご意見をいただきました。今年度の活動に役立てていきたいと思います。委員の皆様、ありがとうございました。

西春小学校

西春小学校

○おやじの会主催 第2回オンライン交流会(5月23日)

5月23日(土曜日)に、おやじの会主催 第2回目のオンライン交流会が実施されました。
今回は1年生から6年生までが参加し、家にある物を使った借り物競争や学校内の特別室の場所当てなどを行いました。低学年の児童にとっては学校の場所を覚えることもできてとても楽しそうでした。
今後の開催情報は、おやじの会のホームページにも記載されていきますので、以下のURLからおやじの会ホームページもあわせてご覧ください。皆様からのご要望がありましたら、お近くのおやじの会の方か学校へご連絡ください。また、おやじの会ホームページのメッセージ欄などもご活用ください。
https://oyaji-nishiharu-es.jimdofree.com/ (外部リンク)

師勝南小学校

師勝南小学校

○ご協力ありがとうございました(5月8日)

2日間にわたり、今後の学習課題などの配付を行いました。保護者の皆様にはご多用の中、ご協力をいただきありがとうございました。
さて、学校運営協議会のボランティアの方に作っていただいた児童用のマスクが、本日届けられました。学校再開後、子どもたちが生活していく中でマスクの不足が生じた場合、使っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

五条小学校

五条小学校

○給食2日目(5月28日)

簡易給食2日目の今日は、初日に比べ、手洗いもトレイの消毒も配膳も、とてもスムーズにできていました。マスクを外してマスク袋に入れ、心の中で「いただきます」を言うといったような新しい給食の様式にも、次第に慣れていくことと思います。

トレイは下校後、担任が1枚1枚洗剤を使用して手洗いをしています。安心して給食が食べられるように、これからもナフキンやマスク袋の準備等よろしくお願いします。
また、消毒用にと、たくさんの保護者の方より、布やガーゼを寄付していただいております。ありがとうございます。何枚あっても助かりますので、これからもご協力よろしくお願いします。

鴨田小学校

鴨田小学校

○学校再開の様子6(5月25日)

今日は、Bグループの登校3日目でした。クラスごとに間隔をあけて避難経路を確認したり、一人一鉢を片づけたりしています。5,6年生は、身体測定も行いました。教室では、あわあわゴッシーの動画を見ながら手洗い指導も行っています。

運動場に出たあとは新しい手洗い場で水洗いをし、教室に入る前にアルボースで手を洗うようにしています。

(手洗い場…北名古屋市建設業協議会より設置)

師勝北小学校

師勝北小学校

○手作りマスク、ありがとうございます(4月20日)

保護者を中心としたマスク製作ボランティアの皆さんが心を込めて、子どもたちのためにマスクを作ってくださっています。愛情いっぱいのマスクが、子どもたちの手元に届くのを楽しみに製作されています。全校児童分を製作していただいていますので、楽しみにしていてください。

マスクが手に入らなくて困っているご家庭も多く、このような状況下で協力していただける皆さんを大変誇りに嬉しく思います。

師勝東小学校

師勝東小学校

○手洗い場(5月25日)

外の手洗い場が増えました。両方の昇降口の横にあります。手洗いをしっかりしましょう。
(手洗い場…北名古屋市建設業協議会より設置)

栗島小学校

栗島小学校

○手作りマスク(4月22日)

コロナウィルス感染拡大防止に向け、マスク不足となっています。そこで、学校支援ボランティアの皆さんが布と紐で、栗島小学校の子ども達のために、たくさんのマスクを毎日時間をかけて作ってくださいました。参加してくださったボランティアの方々は、みなさん楽しんでマスクづくりをしてくださったと聞いております。このような状況下でご協力くださる皆さまに深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

師勝西小学校

師勝西小学校

○今朝の登校の様子(5月20日)

臨時登校日3日目を迎えました。本日も保護者の方、地域の方々に各通学団の集合場所や登校の様子を見守っていただきました。ありがとうございます。子どもたちは登校後、手指消毒と手洗いをしてから教室に入ります。

白木小学校

白木小学校

〇地域の方が通学路をきれいに(5月14日)

学校再開が決まり、子どもたちが18日から分散登校してきます。
学校東側の通学路に草がいっぱい生えていましたが、地域のボランティアの方が草やごみを取って、とてもきれいにしてくださいました。暑い中の作業、ありがとうございました。
白木小の子どもたちは、多くの方に支えられ、元気いっぱいに登校してくれることでしょう。
 

師勝中学校

師勝中学校

○仮設の手洗い場が設置されました(5月22日)

新型コロナウイルス感染症対策で手洗いが重要になることから、「北名古屋市建設業協議会」のご厚意によって仮設の手洗い場を屋外の2箇所に設置していただきました。
仮設の手洗い場ができたことにより生徒が密集することなく、安心して手を洗うことができるようになりました。「北名古屋市建設業協議会」の方々には大変感謝をしています。
今後もこまめな手洗いを心がけ、感染予防に努めていきましょう。

西春中学校

西春中学校

○手洗い場を設置しました(5月21日)

感染症対策の一環として、北名古屋市建設業協議会の支援をいただき、仮設の手洗い場を2基設置しました。
予防対策として重要な「手洗い」をより徹底していくとともに、ご協力いただいたご厚意をしっかりと受けとめ、有効かつ大切に利用していきたいと思います。

白木中学校

白木中学校

○CS手作りマスク(4月3日)

4月7日(火曜日)からの学校再開に備えて、ボランティアの皆さんが手作りマスクの製作のために集まっていただきました。未だにマスクは入手困難な中、心温まる活動です。マスクが手に入らなかった生徒も教師も安心できそうです。

(CSボランティアの方が、家庭で製作していた手作りマスクを届けていただきました。104つのマスクを確保することができました。ありがとうございました。)

訓原中学校
 訓原中学校

○地域の皆様の力に感謝!(5月29日)

ホームページを通して消毒用の布のご寄付をお願いしたところ、翌日から続々とたくさんの布をいただきました。本当に感謝の気持ちで一杯です。早速、教室等の消毒に使わせていただいています。
また、布と一緒に添えられた職員への温かいメッセージに感激するとともに、パワーをいただきました。
来週からいよいよ通常登校が始まります。子どもたちが安心と安全に学校生活を送ることができるよう配慮していきます。

今後ともご家庭のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

熊野中学校

熊野中学校

○ボランティアの皆様による手作りマスクについて(4月19日)

熊野中学区の保護者を中心としたボランティアの皆さんが心を込めて、生徒全員分のマスクを作ってくださっています。手作りの立体マスクということで時間をかけて丁寧に作っていただいています。愛情いっぱいのマスクが、生徒一人一人に届けていただけるとのことで、たいへんうれしく思います。

現在、マスクが手に入らなくて困っているご家庭も多く、このような状況下で協力していただけた皆さんに対しましてお礼申し上げます。

天神中学校

天神中学校

○素敵な「手作りマスク」をいただきました(4月22日)

学校支援ボランティアの皆様から、手作りマスクをたくさんいただきました。 

「新型コロナウイルスから天神中みんなの身を守ってほしい」という、ボランティアさん、地域の皆様の愛情が溢れた素敵なマスクばかりです。

今は、臨時休校中ですが、生徒の登校後、有効に活用したいと思います。ありがとうございます。

成果の声 ~学校運営協議会の活動報告から~

  • 育てたい子どもの姿を明確にし、学校ごとの取組目標であるアクションプランを共有することで、委員一人ひとりが、それぞれの立場でできることを考え、今後の方向性を見出すことができた。
  • 地域コーディネーターとの連絡や調整があり、よりボランティア活動を充実させることができた。
  • 保護者や地域を巻き込んだ行事を実施し、幅広い交流が進み、つながりがより深まった。
  • 地域行事への参加は子どもたちに郷土愛を育むよい機会となった。
  • コミュニティ・スクール便りの配布、ホームページによる情報発信により、保護者および地域の方の学校への関心・理解が深まった。

A小学校保護者意識調査結果(PDF形式 474KB)

A小学校標準学力調査結果(PDF形式 176KB)

コミュニティ・スクールの先にあるもの

 コミュニティ・スクールの直接の目的は、地域ぐるみで子どもたちを育てることですが、それだけではありません。地域の絆を深め、より活性化していくことでもあります。「子どもは地域の宝」です。子どもたちが将来大人になった時に、地域の担い手として次世代の子どもたちを育てていく、という将来的な目的も合わせ持っています。

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp