地域ぐるみで子どもを育てる ~コミュニティ・スクール~

地域のみんなで地域の子どもたちをサポート

 わたしたちの家庭や地域社会は、時代とともに変化しています。核家族やひとり暮らしの世帯が増え、子どもの数が減少しています。親が共働きで、普段子どもに接する時間が少ない家庭もあります。また、近所づきあいが少なくなって人間関係が希薄となり、社会生活を送るうえでの規範意識が弱まってきているともいわれています。こうした変化は、家庭や地域の教育力の低下を招くおそれがあります。

北名古屋市で始めたこと

 子どもたちにとって、学校を中心に家庭や地域の教育力を高め、多くの大人と触れ合う中で、生きていく知恵や力、学ぶ意欲を見出し、心豊かでたくましく生きる力を身に付けることは大切です。市では、市民(地域のみなさん)と学校とが連携して子どもたちの学びをサポートしていくしくみ=「コミュニティ・スクール」を導入しています。

コミュニティ・スクールとは

 市(区町村)の教育委員会が、保護者や地域のみなさんの声を学校運営に活かすための組織である学校運営協議会を設置した学校のことをいいます。

○全国的な広がりはこれから

 全国の市区町村の教育委員会が指定するコミュニティ・スクールの数はまだ少ないのが現状ですが、コミュニティ・スクールを導入する動きは年々広がりつつあります。

北名古屋市版コミュニティ・スクールはこちら

コミュニティ・スクール事例集(文部科学省)はこちら

コミュニティ・スクールにおける地域学校協働活動(学校のホームページより)

師勝小学校

師勝小学校

○PTAあいさつ運動(1年)

11月5日から7日の3日間、登校時に校門で1年生の保護者の皆様による「PTAあいさつ運動」を行いました。天候に恵まれた3日間になり、多くの皆様に参加していただきました。

また、学校運営協議会委員の皆様にも参加いただきました。ご協力ありがとうございました。

西春小学校

西春小学校

○お話し宅急便 はとぽっぽ読み聞かせ (11月13日)

2~4年生となかよし学級の教室で、『はとぽっぽ』の皆さんによる、11月の読み聞かせを行っていただきました。英語の絵本の読み聞かせ、ちょっと考えさせられる絵本の読み聞かせなど、内容もとても充実していました。はとぽっぽの皆さん、いつもありがとうございます。
はとぽっぽの募集は随時行っておりますし、見学も大歓迎です。次回は12月11日(水)、4~6年生を対象に行います。関心のある方は、是非見学においでください。

師勝南小学校

師勝南小学校

○3年生スーパーマーケット見学(11月19日)

3年生がスーパーマーケットを見学に行きました。CS学習支援ボランティアの方々にも参加してもらい、道中の安全を見守っていただきました。ありがとうございました。

五条小学校

五条小学校

○五条の森クリーン作戦(11月26日)

今年度も五条の森クリーン作戦が始まりました。美化委員会が中心に動き、全校児童と職員で力を合わせて、たくさんの落ち葉を拾いました。頑張って集めた落ち葉は、地域の方に回収していただき肥料になります。

鴨田小学校

鴨田小学校

○郷土芸能クラブ(11月12日)

クラブ活動の時間にゆかたの着付けを教えていただきました。ゆかたを着るために使う帯など1つ1つの名前や使い方を聞きながら、自分達で着ることができました。
ゆかたの着方だけでなく文化についても教えてくださった講師の皆様、本当にありがとうございました。

師勝北小学校

師勝北小学校

○6年生 欄間講座(11月1日)

欄間職人として活躍されている山下さんをお招きして、修学旅行で訪れる神社仏閣を中心に日本建築についての講義を受けました。修学旅行では今日紹介された京都や奈良の建物を訪れます。講義中には「金閣垣に驚いた」「東大寺は迫力があった」などの声が上がりました。今回の知識をもとに修学旅行をより充実させたものにしましょう。
山下さん、お忙しい中ありがとうございました。

師勝東小学校

師勝東小学校

○5年生 あいせの里訪問(11月6日)

5年生があいせの里へ行ってきました。普段ではできない体験をさせてもらいました。また、施設の中を見せてもらったり、利用者さんと交流させていただき貴重な時間を過ごさせてもらいました。

栗島小学校

栗島小学校

○地域ふれあい会(11月9日)

宇福寺児童館で地域ふれあい会がありました。学校からも出席し、自治会長や民生児童委員の方々、子ども会会長やいきいき健康クラブの方達と地域の子ども達の様子や児童館の夏まつり、大きな木まつりについて、話し合いました。

師勝西小学校

師勝西小学校

○花いっぱい運動(11月27日)

園芸ボランティア部の子どもたちが、若葉会の方々と一緒に花いっぱい運動に取り組みました。
今回は昨日から部活動が始まった4年生も参加し、新生園芸ボランティア部として皆意欲的に活動してくれました。今回植えた花はきれいに育ったものを、6年生の卒業式の門出式の花道でも使う予定になっており、6年生には自分たちの卒業式を見据えた活動にもなりました。
機会がありましたら、ぜひ子どもたちの植えた花を見に鹿田第一公園に来ていただきたいと思います。

白木小学校

白木小学校

○親子や友達と一緒に白木フェスタ(11月4日)

白木スポーツクラブ主催の白木フェスタが開催されました。運動場や体育館カローリングや輪投げ、グラウンドゴルフなどを体験したり、全員でビンゴ大会を行ったりsuru

など、大変楽しい1日になりました。

準備や当日の運営をしていただいた、白木スポーツクラブの皆様、ありがとうございました。

師勝中学校

師勝中学校

○緊急避難訓練を終えて(11月8日)

本校では、11月5日(火)昼放課に緊急避難訓練を行いました。生徒はもちろん教職員にも一切知らせず、抜き打ちでの訓練でした。突然の地震発生の放送に対して、教職員は冷静に対応し、互いにコミュニケーションをとりながら生徒に指示を出していました。生徒も、一次避難としてシェイクアウトの態勢をとり、続いて二次避難に移り、速やかに運動場に避難することができました。避難後、校長先生から「まだ大丈夫、自分は大丈夫、ではなく、その場その場で命を守る最善の行動をとれるようになってほしい。」とお話がありました。
今回は、4名の学校運営協議会委員の皆様に校内各所で避難状況を評価して頂きました。訓練後、校長室で様々な視点から意見を伺い、今後の訓練に役立てていきたいと思います。

西春中学校

西春中学校

○クローバー(11月5日)

西春中図書ボランティア「クローバー」の方に活動を行っていただきました。本日は図書室のハロウィンの飾りを外し、冬仕様の飾りを施していただきました。だんだんと変わっていく図書室の内装にも注目です!今回も活動ありがとうございました。
★次回の活動日
12月5日(木) 10:00~12:00
西春中図書ボランティア「クローバー」ご都合のつく方、関心のある方は、お気軽に図書室へ直接お越しください。

白木中学校

白木中学校

○社会人に学ぶ会(11月14日)

外部から講師の方をお招きして「社会人に学ぶ会」を行いました。言語聴覚士、芸能、美容師の仕事についてのお話や思いを聞いたり、実演を見たりし、生徒たちにとって将来の仕事について考えるきっかけとなりました。講師の方々、ありがとうございました。

訓原中学校
 訓原中学校

○第2回学校運営協議会(11月18日)

会議を開催するにあたり、石川県能美市から、コミュニティ・スクールについての視察にいらっしゃいました。
場所を多目的教室にして、中央に本校の学校運営協議会のみなさん、左右に視察の方に座っていただき、和やかに会が進行しました。最初に会長から話をしていただき、教頭先生から、本校のコミュニティ・スクールの概要について、スライドを使って説明しました。次に、「学校における働き方改革特別部会」の内容も盛り込みました。学校発信の文書を地域に配布するにあたり、小学校運営協議会長の意見も参考にして、自治会長さんを通じて配信することになりました。
最後に、校長先生から、子どもたちの未来のために、長く・楽しく活動できる組織であってほしいと結ばれました。
会終了後、能美市の方々と質疑に応じて、今後の活動の参考にしていただきました。遠いところ視察に来ていただきました石川県能美市のみなさま、どうもありがとうございました。

熊野中学校

熊野中学校

○CSボランティア(11月13日)

コミュニティースクール委員の方々と地域の方々に、ボランティアで運動場の除草をしていただきました。
運動場の南側の草は、とても抜きにくく、困っていましたが、ボランティアの方々は草刈機を使ってきれいに除草してくれました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

天神中学校

天神中学校

○五条小学習発表会ボランティア(11月16日)

靴袋渡しや、発表の間の案内などをしてきました。すばらしい発表を見ることもでき、とても有意義な時間となりました。
ボランティア参加の生徒のみなさん、ありがとうございました。

成果の声 ~学校運営協議会の活動報告から~

  • 育てたい子どもの姿を明確にし、学校ごとの取組目標であるアクションプランを共有することで、委員一人ひとりが、それぞれの立場でできることを考え、今後の方向性を見出すことができた。
  • 地域コーディネーターとの連絡や調整があり、よりボランティア活動を充実させることができた。
  • 保護者や地域を巻き込んだ行事を実施し、幅広い交流が進み、つながりがより深まった。
  • 地域行事への参加は子どもたちに郷土愛を育むよい機会となった。
  • コミュニティ・スクール便りの配布、ホームページによる情報発信により、保護者および地域の方の学校への関心・理解が深まった。

A小学校保護者意識調査結果(PDF形式 474KB)

A小学校標準学力調査結果(PDF形式 176KB)

コミュニティ・スクールの先にあるもの

 コミュニティ・スクールの直接の目的は、地域ぐるみで子どもたちを育てることですが、それだけではありません。地域の絆を深め、より活性化していくことでもあります。「子どもは地域の宝」です。子どもたちが将来大人になった時に、地域の担い手として次世代の子どもたちを育てていく、という将来的な目的も合わせ持っています。

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp