自立支援医療(精神通院)

 自立支援医療(精神通院)は、精神疾患の継続的な外来治療が必要な場合に、その治療にかかる医療費を公費で負担することにより、経済的負担を軽減するものです。

重要なお知らせ

【新型コロナウイルス感染症に係る受給者証の更新手続きについて】

令和3年3月1日以降に有効期限を迎える方は、原則、更新手続きが必要です。ただし、令和3年1月15日付で厚生労働省より発出された事務連絡を受け、本来診断書の提出が必要な方でも、下記のいずれかに該当する場合は、診断書の提出を猶予したうえで更新が可能です。詳しくは、市役所社会福祉課までお問合せください。

・新型コロナウイルス感染症の影響により、通院先の医療機関が診療を中止しており、医療機関を受診できず、診断書の取得が困難な場合
・自身が感染または濃厚接触者となり行動制限を受けており、医療機関を受診できず、診断書の取得が困難な場合

【新型コロナウイルス感染症の発生状況等に伴う有効期間延長対応について】

令和2年4月30日付で厚生労働省より発出された事務連絡を受け、以下の通り対応することとします。

対応方針

・現在お持ちの自立支援医療(精神通院医療)受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方については、更新申請手続きを省略し、満了日を1年間延長します。
・対象の受給者証をお持ちの方は、現在使用している受給者証に記載の有効期間の終了日を1年間延長して読み替えの上、そのままご利用ください。

・延長後の更新時に診断書が必要かどうかは、現在お持ちの受給者証の右上の「支給要件の確認方法」欄の記載通りになります。「医療用(1年目) 次回の申請は診断書不要」とあれば不要、「医療用(2年目) 次回の申請は診断書必要」とあれば必要です。
 ※精神手帳を診断書で申請されている方についてはこの限りではありません。
  不明点があれば
市役所社会福祉課まで問合せください。
・受給者証の有効期間を1年間延長して使用することにより、自己負担上限額管理票の記入欄が不足する場合は、市役所社会福祉課までご連絡ください。追加分をお送りします。            
・新規申請、市外転入、変更申請については、通常通り申請が必要です。

申請に必要なもの

  1. 自立支援医療費(精神通院)用診断書 
    (注意)3か月以内に精神通院指定医療機関の医師が作成したもの
    (補足)診断書の提出回数は、原則2年に1度です。前回の申請手続き時に診断書を提出された方は、治療方針に変更がなければ提出不要です。また、診断書提出不要な年でも内容によっては「重度かつ継続」に関する意見書が必要になることがあります。
  2. 健康保険証
  3. 更新申請の場合は、自立支援医療受給者証(精神通院)
  4. マイナンバー(個人番号)が確認できる書類(個人番号カード、通知カードなど)

その他

  • 申請された書類は、愛知県精神保健福祉センターへ送付し、判定します。
  • 受給者証交付までに、2か月から3か月程度の期間を要します。
  • 有効期間は1年です。有効期間の終期の3か月前から手続きが可能です。自立支援医療受給者証(精神通院)の有効期間を確認の上、手続きを行ってください(更新案内の送付は行っておりません)。

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-0003
E-mail:shakai@city.kitanagoya.lg.jp