個人番号(マイナンバー)カードの申請及び交付方法

申請方法

個人番号(マイナンバー)カードの交付を希望される方は、郵送された通知カードに同封されていた「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」に必要事項を記入、押印し、適切な規格の顔写真を貼付し、地方公共団体情報システム機構へ郵送してください。

また、スマートフォン等を利用したWEB申請も可能です。

詳細な申請方法について (外部リンク:地方公共団体情報システム機構のホームページ)

交付方法

交付窓口

「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書(はがき)」に記載されている交付場所(西庁舎または東庁舎の市民課)

交付時間

平日(土曜日、日曜日、祝日、休日及び12月29日から1月3日までを除く)
午前9時から午後5時まで

受取りの際に必要なもの

・「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書(はがき)」
個人番号(マイナンバー)カード申請後、申請者本人宛てに「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書(はがき)」が郵送で届きます。はがきの回答書欄の本人の住所及び本人の氏名を記入・押印の上市民課窓口へ提出してください。

⑴次のうち1点
顔写真付住民基本台帳カード(住基カード)、運転免許証、運転経歴証書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書又は仮滞在許可書

⑵次のうち2点
海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、⑴の書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、地方公共団体が交付する敬老手帳、生活保護受給者証、健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、住民名義の預金通帳、民間企業の社員証、学生証等

・通知カード

 ※回収します

・住民基本台帳カード(住基カード)

 ※交付を受けている方のみ回収します

・戸籍謄本(法定代理人「親権者」が交付を受ける場合)
15歳未満の申請者とその親権者が明確にわかるもの。※本籍が北名古屋市の場合、または住民票で確認が取れる場合は不要

・登記事項証明書(法定代理人「成年後見人」が交付を受ける場合)
成年後見人と成年被後見人について明確にわかるもの。

・医師の診断書等(指定代理人が交付を受ける場合)
申請者本人が来庁できない理由となる病気、身体の障害等が明確にわかるもの。

暗証番号

・個人番号(マイナンバー)カードの発行に関しては、オンライン申請等に対応するための暗証番号の設定が必要となります。

1.署名用電子証明書暗証番号(アルファベット大文字と数字を混ぜたもので6文字以上16文字以内)

2.利用者証明用電子証明書暗証番号(数字4桁)

3.住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)

4.券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)

手数料

無料(初回のみ)

※再交付には1,000円の手数料がかかります。(個人番号(マイナンバー)カード本体800円、電子証明書200円)

※再交付申請時には、市民課窓口でお渡しする個人番号(マイナンバー)カード交付申請書が必要です。

代理の可否

※病気、身体の障害等やむを得ない場合のみ

代理人に個人番号(マイナンバー)カード交付を委任する場合は、「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書(はがき)」の回答書欄を本人が記入し、暗証番号に目隠しシールを貼った上で、指定された代理人が窓口へお持ちください。

※代理人が個人番号(マイナンバー)カード交付を受ける場合は、申請者本人及び代理人の両名の本人確認書類が必要となります。また、医師の診断書等も必要になります。

関連リンク

個人番号(マイナンバー)カードを再交付する場合

お問い合わせ

市民課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-0003(西庁舎)0568-23-2500(東庁舎)
E-mail:shimin@city.kitanagoya.lg.jp