固定資産税に係る家屋調査について

 家屋を新築・増築されますと、その翌年度から固定資産税が課税されることとなりますが、この税額算出の基となる家屋の評価額を算定するため、家屋の実地調査をしております。

調査の流れ(住宅の場合)

   家屋の完成後、市役所からお手紙等により調査のご案内をします。(例年、4月以降)

      ↓

   お電話にて調査日時をご予約いただきます。

    ↓

調査日に固定資産評価補助員(市職員)が、通常2名で訪問し、内部調査、外観調査、家屋に関する税金の説明をします。(約1時間)

その他

  • 調査日時については、平日の下記の時間でお願いしております。
  1. 午前9時から 
  2. 午前10時30分から 
  3. 午後1時30分から 
  4. 午後3時から
     
  • 調査日に次の資料をご用意いただきます。
  1. 建築確認申請書一式
  2.  図面集(平面図、立面図、仕上表等)
  3.  長期優良住宅建築計画の認定通知書(長期優良住宅の場合)
     
  • 内部調査については、各部屋の内装仕上げや建築設備などを確認します。
  • 調査日に新築住宅に係る固定資産税の減額申告や不動産取得税の減額申請のご案内などもいたします。
  • 印鑑(認印)をご用意ください。(共有の場合は、共有者全員のもの)
  • 個人番号(マイナンバー)をお書きいただく書類がございますので、事前に番号の準備をお願いします。
  • 実地調査は、ご本人様以外(ご家族)の方の立会いでも結構です。
  • 建物の引き渡し時など、入居前に調査をご希望の方は、税務課固定資産税(家屋)担当までご連絡ください。

お問い合わせ

税務課 固定資産税担当(東庁舎2階)
電話:0568-22-1111
ファクス:0568-23-3150
E-mail:zeimu-w@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

市民税

個人市民税 主な税制改正 法人市民税 国税電子申告・地方税電子申告

固定資産税

軽自動車税・市たばこ税

税に関する証明