住宅用地の課税標準の特例について

住宅用地の課税標準の特例

 住宅用地は、その税負担を特に軽減する必要からその面積の広さによって、小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて特例措置が適用されます。

区分 範囲 特例後の課税標準額
固定資産税 都市計画税
小規模住宅用地 200㎡以下の住宅用地 評価額×6分の1の額 評価額×3分の1の額
一般住宅用地 小規模住宅用地以外の住宅用地 評価額×3分の1の額 評価額×3分の2の額

※小規模住宅用地について、200㎡を超える場合は住宅1戸あたり200㎡までの部分をいいます。

※一般住宅用地について、たとえば300㎡の住宅の住宅用地(一戸建住宅の敷地)であれば、200㎡分が小規模住宅用地、残りの100㎡が一般住宅用地となります。

住宅用地の要件について

詳しくはこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ

税務課 固定資産税担当(東庁舎2階)
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:zeimu-w@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

市民税

個人市民税 主な税制改正 法人市民税 国税電子申告・地方税電子申告

固定資産税

軽自動車税・市たばこ税

税に関する証明