認知症について

認知症ってなに? 

 脳は、私たちのほとんどあらゆる活動をコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。

 認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障がでている状態(およそ6か月以上継続)を指します。

認知症の症状

 脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状が記憶障害、見当識障害、理解・判断能力の低下、実行機能の低下など中核症状と呼ばれるものです。これらの中核症状のため周囲で起こっている現実を正しく認識できなくなります。

 本人がもともと持っている性格、環境、人間関係などさまざまな要因がからみ合って、うつ状態や妄想のような精神症状や、日常生活への適応を困難にする行動上の問題が起こってきます。これらを行動・心理症状と呼ぶことがあります。

認知症かな?と思ったら

 大切なのは、日常の小さな変化を見過ごさないことです。少しでも「おかしいな」と思ったら、かかりつけ医や地域包括支援センターなどに早めに相談してください。

 認知症チェック

お問い合わせ

高齢福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-26-4477
E-mail:korei@city.kitanagoya.lg.jp