オートバイ・軽自動車を県外ナンバーに変更したときは税止めの手続きが必要です

 北名古屋市で課税の対象となっている「尾張小牧」ナンバーのオートバイや軽自動車を、県外で廃車または住所変更・名義変更などの登録変更をしたときは、税止め(税申告)の手続きが必要となります。
 税止めの手続きをされないと、北名古屋市で車両の登録状況を把握できないために、翌年度以降も引き続き軽自動車税が課税されてしまいます。
 ご自身で手続きをされる場合は、以下により必要書類をご提出ください。
 なお、軽自動車検査協会等が代行手続きを有料でしています。詳しくは、軽自動車検査協会でご確認ください。

税止めをする必要のある車両

「尾張小牧」ナンバーのオートバイ(排気量125ccを超えるもの)と軽自動車

(注)特にオートバイは税止めがされていない場合が多く、名義変更(移転登録)の場合は旧所有者に納税通知書が届いてしまい、思わぬトラブルの原因となりますので、必ず税止めの手続きをお願いします。

税止めの手続きに必要な書類と提出先

必要な書類

以下のいずれか1つを提出してください。
書類が用意できない場合はご相談ください。

 軽自動車税申告書(報告書)
 軽自動車変更(転出)申告書
 軽自動車税納税義務消滅(変更)申告書 
 車検証返納証明書のコピー
 届出済証返納証明書のコピー
 新旧各ナンバーの車検証のコピー(※)

(※)旧ナンバーの車検証のコピーがない場合は、新ナンバーの車検証のコピーの余白に旧ナンバーと旧所有者名を記入してください。

提出先(郵送でも受付しています)

〒481-8531(この郵便番号を記入することで住所の記載は省略できます)
北名古屋市西之保清水田15番地
北名古屋市役所 税務課 軽自動車税担当

郵送で提出される場合は、提出者の氏名、住所、電話番号を封筒等にご記入ください。税務課からお問い合わせをすることがありますので、ご協力をお願いします。

お問い合わせ

税務課 軽自動車税担当(西庁舎2階)
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-5533
E-mail:zeimu-e@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

市民税

個人市民税 主な税制改正 法人市民税 国税電子申告・地方税電子申告

固定資産税

軽自動車税・市たばこ税

税に関する証明