更年期障害について

更年期障害とは

 男女ともに40歳を過ぎた頃からホルモン分泌が低下することにより、心身にさまざまな不調があらわれる症状をまとめて「更年期障害」と呼びます。更年期の症状は個人差が大きく、発症に気付かない方もいます。

更年期障害の症状            

 更年期の症状には次のようなものがあります。気になる症状がある方は、医療機関にご相談ください。

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネットより)

女性に多く現れる症状

 ・顔がほてる

 ・汗をかきやすい

 ・息切れ、動悸がする

 ・寝付きが悪い、眠りが浅い

・怒りやすく、すぐイライラする、気分が落ち込むなど精神的に不安定になる

 ・頭痛、めまい、吐き気がよくある

 ・疲れやすい

 ・肩こり、腰痛、手足の痛みがある

男性に多く現れる症状

・うつ傾向

・体がだるい

・筋力低下

・骨がもろくなる

・不眠

・仕事に対しての活力や意欲が若い頃に比べて低下する

・男性機能低下

関連リンク

e-ヘルスネット(外部リンク)

女性の健康推進室ヘルスケアラボ(外部リンク)

お問い合わせ

健康課
電話:0568-23-4000
ファクス:0568-23-0501
E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp