帯状疱疹について ~50歳を過ぎたら帯状疱疹に要注意~

帯状疱疹とは

 水ぼうそうと同じウイルスで起こる皮膚の病気です。ピリピリ、チクチクとした痛みを伴い、赤い発疹や水ぶくれが現れ、かさぶたになって治っていきます。体の上半身、左右どちらかの皮膚や、顔面や頭部に現れることもあります。

 帯状疱疹は周りにうつることはありませんが、これまでに水ぼうそうにかかったことがない小児等には水ぼうそうを発症させる可能性があります。

合併症について

 皮膚の症状が治ってもウイルスが神経を大きく傷つけてしまい、眠れないほどの激しい痛みや、目や耳の異常などの合併症が起こることがあります。

 赤い発疹に気づいたら早めの受診が大切です。

帯状疱疹にならないために必要なこと

 日頃から体調管理を心がけること、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

 そのために①食事のバランスに気を付ける②適度な運動③よい睡眠を心がけましょう。またストレスをためないよう自分なりのストレス発散法を見つけることも大切です。

 50歳以上の方は任意接種によるワクチン接種で予防することができます。ただし、予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。

関連情報

帯状疱疹.jp

お問い合わせ

健康課(保健センター 健康ドーム内)
電話:0568-23-4000
ファクス:0568-23-0501
E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp