住宅用家屋証明の申請

 住宅用家屋証明は、住宅取得時の登録免許税についての軽減を受ける際に使う証明です。住宅用家屋証明を申請するには以下の書類が必要です。

申請に必要な書類

個人が新築した家屋(注文住宅等)

  1. 建築確認済証又は検査済証
  2. 登記事項証明書(表題登記)、又は表題登記申請書の写しと登記完了証(注1)
  3. 住民票の写し(注2)
  4. 印鑑(申請に来庁される方のもの)
  5. 特定認定長期優良住宅又は認定低炭素住宅の場合、認定申請書及び認定通知書(変更がある場合には、変更認定申請書及び変更認定通知書)

建築後使用されたことのない家屋(建売住宅、分譲マンション等)

  1. 建築確認済証又は検査済証
  2. 登記事項証明書(表題登記)、又は表題登記申請書の写しと登記完了証(注1)
  3. 住民票の写し (注2)
  4. 売買契約書など取得年月日がわかる書類
  5. 家屋未使用証明書
  6. 印鑑(申請に来庁される方のもの)
  7. 特定認定長期優良住宅又は認定低炭素住宅の場合、認定申請書及び認定通知書(変更がある場合には、変更認定申請書及び変更認定通知書)

建築後使用されたことのある家屋(中古住宅、中古マンション等)

  1. 登記事項証明書
  2. 住民票の写し (注2)
  3. 売買契約書など取得年月日がわかる書類
  4. 印鑑(申請に来庁される方のもの)
  5. 建築後25年超(鉄骨造、鉄筋コンクリート造等)又は20年超(木造、軽量鉄骨造等)で使用されたことのある家屋(中古住宅、中古マンション等)については、耐震基準適合証明書、住宅性能評価書の写し(等級1.2.3)、既存住宅売買瑕疵保険付保証書のいずれか

建築後使用されたことのある家屋(中古住宅、中古マンション等)で増改築等工事(リフォーム)がされたもの

  1. 登記事項証明書
  2. 住民票 の写し(注2)
  3. 売買契約書等(土地と家屋の売買価格【総額】が記載されている場合、別途、家屋のみの売買価格の記載があることが必要です。)
  4. 印鑑(申請に来庁される方のもの)
  5. 建築後25年超(鉄骨造、鉄筋コンクリート造等)または20年超(木造、軽量鉄骨造等)で使用されたことのある家屋(中古住宅、中古マンション)については、耐震基準適合証明書、住宅性能評価書の写し(等級1.2.3)、既存住宅売買瑕疵保険付保証書のいずれか
  6. 増改築等工事証明書(特定の増改築等がされた住宅用家屋の所有権の移転登記の税率の軽減の特例用)
  7. 給水管、配水管又は雨水の侵入を防止する部分に係る工事で、工事額が50万円を超える場合は、既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類(保険付保証明書)
 

(注1)電子申請により建物の表題登記を受けた登記完了証については、表題登記申請書の写しは不要です。

(注2)転入手続きを済ませていない場合は、入居(予定)年月日を記載した本人による申立書が必要です。

 ※上記書類のほかに来庁者自身の運転免許証等の本人確認できる書類が必要です。

 なお、手数料は1物件につき、1,300円です。

様式のダウンロード

住宅用家屋証明申請書・証明書(PDF形式 68KB)

※申請書及び証明書の両方を記入して、窓口にお持ちください。

お問い合わせ

税務課 固定資産税担当(東庁舎2階)
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:zeimu-w@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

市民税

個人市民税 主な税制改正 法人市民税 国税電子申告・地方税電子申告

固定資産税

軽自動車税・市たばこ税

税に関する証明