雨水貯留施設設置に関する助成について

※令和4年度の受付は、定員に達したため募集は終了しました。

 北名古屋市では宅地化が進んで多くの田畑がなくなり、昔より多くの水がまとまって川へ流れ出るようになりました。このため、平成12年の東海豪雨のような水害が発生しています。そこで、北名古屋市を水害に強いまちにするために、少しでも多くの雨水貯留施設を各家庭に設置していただけるよう、奨励金制度を設けました。

対象となる雨水貯留施設の設置数は、下記の通りです。

表:雨水貯留施設の設置数
建築物の建築面積 設置数
10平方メートル以上
100平方メートル未満
3基以内
100平方メートル以上
150平方メートル未満
4基以内
150平方メートル以上 5基以内

※雨水貯留施設は、1基あたり200リットル以上貯留できるものに限ります。

※補助対象となる雨水貯留施設は、雨水を一時的に貯留するいわゆる「雨水タンク」です。奨励金の申請をご検討の方は、補助対象となるか事前に施設管理課までご確認ください。

雨水貯留施設設置奨励金交付要綱

雨水貯留施設設置奨励金制度

対象者

建築面積10平方メートル以上の北名古屋市内にある住宅、店舗、倉庫、工場などで、敷地内に設置する者

申請・提出期限

雨水貯留施設の設置に着手する日の7日前までに申請してください。

提出書類

雨水貯留施設設置奨励金交付申請書および添付書類

※添付書類

  1. 位置図
  2. 敷地配置図
  3. 雨水貯留施設の構造図

雨水貯留施設設置推奨金交付申請書(27KB)

補助額

1基当たり1万5000円

申請者

本人

申請先

施設管理課の窓口まで持参してください。

お問い合わせ

施設管理課
電話:0568-22-1111
ファクス:0568-25-5533
E-mail:shisetsu@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

道路、河川、公園

建築行為

耐震化促進

開発行為

空家対策

お知らせ