家庭・児童相談

家庭・児童相談

子育てに関する総合的な相談を行っています。  

 家庭相談員、児童コーディネーターが18歳未満の児童の子育て(しつけ、育児、教育など)について相談を受けています。

 ひとりで悩まずご相談ください。

相談内容

  • しつけ (言うことを聞かない、わがままなど)
  • 育児 (子育ての不安、イライラなど)
  • 教育 (保育園・幼稚園・学校へ行きたがらない、集団生活に馴染みにくいなど)
  • 発達 (言葉やからだの発達についての不安)
  • 非行 (夜遅くまで遊んでいる、暴力をふるうなど)
  • 養護 (家庭で子どもが養育できない場合の施設や里親への入所相談、子どもがなつかない、虐待の心配がある場合などの相談)

 なお、必要に応じて、専門機関(愛知県中央児童・障害者相談センター等)との連携を図りながら対応します。

担当窓口

 
担当 実施日 時間 電話
北名古屋市役所
家庭支援課
(東庁舎分館)
月曜日から金曜日まで 午前8時30分から午後5時15分まで 0568-22-1111

 児童虐待の相談・通告

 虐待かと思ったら、迷わず相談窓口にご連絡ください。
連絡した人が特定されないよう、秘密は守ります。
匿名でも構いません。

「児童虐待」とは

身体的虐待 

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど

性的虐待 

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど

ネグレクト 

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、病院受診に連れて行かないなど

心理的虐待 

言葉による脅し、無視、兄弟間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対する暴力をふるう(DV)など

相談窓口 電話番号
児童相談所全国共通ダイヤル 189

北名古屋市役所 家庭支援課

0568-22-1111
県中央児童・障害者相談センター 052-961-7250
子ども・家庭110番 052-953-4152

愛知県警察

被害少年相談電話

0120-7867-70

NPO法人CAPNA

 (旧称:子どもの虐待防止ネットワーク・あいち)

052-232-0624

里親制度について

里親制度とは、親の病気や離婚、虐待などさまざまな事情により家庭で生活できなくなった子どもたちのために、里親の家庭を提供し、暖かい愛情と家庭的な雰囲気の中で養育していただき、児童の健全育成を図るための制度です。

「里親ってどんな人?」

里親とは様々な理由で、家庭生活にめぐまれない子どもたちを、ご家庭で育てていただく方のことです。

里親制度等について(厚生労働省ホームページ)

詳しい問合せは
愛知県中央児童・障害者相談センター
名古屋市中区三の丸二丁目6番1号(愛知県三の丸庁舎7階)
TEL052-961-7251       

お問い合わせ

家庭支援課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-1552
E-mail:katei@city.kitanagoya.lg.jp