災害時要援護者支援対策

 市では、高齢者や障害がある人のうち、日常的に自分で移動したり、災害情報を得たりすることが難しい方々(災害時要援護者)が、地域の中で効果的な支援を受けられるような体制づくりを地域の皆さんと協働しながら進めていきます。

 各地域において災害時要援護者の避難支援の取り組みを進めるうえで、各地域にお住まいの災害時要援護者の所在情報が不足するため、市がご本人の同意を確認したうえで、民生委員や自治会等の支援組織へ、その情報(個人情報)を提供します。

災害時要援護者

 次に掲げる方で、市や自主防災会等が行う事前対策の検討や災害発生時に個人情報を開示することに同意された方をいいます。

  • 65歳以上のひとり暮らしの方
  • 65歳以上のみの世帯の方
  • 身体障害者手帳1級又は2級を所持している方
  • 療育手帳A判定を所持している方
  • 介護保険の要介護4又は5と認定された在宅の方
  • その他、市長が支援を必要と認める方

近隣の支えあい

 近隣の支えあいによる防災行動(共助)を行うためには、住民相互の協力が必要となりますので、より多くの住民の方に“避難支援者”としてのご協力をお願いします。
 災害発生時に自分の身の安全を確保できたら、近隣で避難行動に支援を必要とする方に声を掛けて、一緒に避難しましょう。

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-0003
E-mail:shakai@city.kitanagoya.lg.jp