昭和モード型紙型録

 この展示会では、昭和30年代から50年代の女性服について、洋服の型紙にスポットを当て当時の雑誌をひも解くことにより、その時代の最新モード、洋装カルチャーを探っていきます。


大エジプト・柄・展
時を越える驚異の昭和ノスタルジック・エジプト柄コレクション

 アフリカ大陸を流れるナイル川流域に数千年の永きにわたって栄えた古代エジプト文明。その文明の輝きは現在も世界の多くの人々を魅了し続けています。


昭和時代の「寝る」にまつわる博物誌
春・ネル・おふとん

 子どもたちの夏休み期間と重なる夏は『熱闘・昭和ボードゲーム年代記』で「あそぶ」、食欲の秋は『ショウワ・キュイジーヌ』で「くう」、そして「春眠暁を覚えず」と漢詩で詠われる春は『春・ネル・おふとん』で「ねる」。


ショウワ・キュイジーヌ
~伝統と革新の食卓を囲んで~

 過去も現在も私たちの暮らしに欠かすことのできない『食』。
 長い歴史の中で培われてきた、日本の伝統的な食に関わる調理法、思想、諸習慣は、「和食:日本人の伝統的な食文化」として、昨年(2013年)、ユネスコ無形文化遺産への登録が決定されました。


世代を超えるゲーム魂・盤上のアナザーワールド
昭和ボードゲーム年代記

 ボードゲームの起源は、紀元前の古代エジプトにまでさかのぼるといわれています。世界的に知られているボードゲームといえばチェス、日本では、囲碁や将棋が親しまれてきました。
 この企画展では、昭和時代、特に昭和30年代以降に市販されたボードゲームを展示します。ボードゲームには、発売以降、今日までスタイルを変えずに楽しまれてきたもの、時代の流行や製作技術の進歩などにより変化してきたものがあります。


INDEX -今までの特別展と企画展-



北名古屋市歴史民俗資料館 特別展

新入学はじめて大図鑑
~サクラ咲く校門で胸を躍らせたあの日~

展示期間:平成28年3月2日(日曜日)から平成28年5月29日(日曜日)まで
 

 昔も今も、春は新しい生活のスタートの季節。入園、入学、入社…、人生の中では新しい生活のスタートをいくつも経験しますが、なかでも小学校への入学は子ども時代の一大イベントで、忘れられない思い出です。
 ピカピカのランドセルを背負って、桜咲く校門をはじめてくぐったとき、新しい生活への期待と不安で誰しもがドキドキワクワクしたことでしょう。新しい友だちと新しい環境で、たくさんの「はじめて」が待ち構えていた小学校生活。この展示会では、昭和時代の小学校生活での「はじめて」のあんなコトやこんなコトを実物資料により図鑑形式で振り返り、あの頃のドキドキワクワクを再現していきます。
 また、今年は北名古屋市が誕生して10周年を迎える節目の年です。北名古屋市の母体となった「師勝村・西春村」が誕生した明治39年頃、2つの村が「町」となった昭和30年代後半、そして北名古屋市が誕生した平成18年頃、という3時代の教科書や学用品も展示し、明治から平成への時代の移り変わりを小学生の身の回りの道具の変化から探っていきます。