あの頃の楽しさも悩みも余すことなく語れる場・展

 ナツカシサを語る際には、あの頃のタノシカッタことやウレシカッタこと、オイシカッタものだけでなく、ツラカッタこと、カナシカッタこと、マズカッタものなども語りたくなります。


昭和・暮らしの端っこ展 ~昭和時代のゴミ箱、○○○○など、暮らしには欠かせないが、さほど意識されないモノからクラシを探る。~

 「当時のごみ箱の中身まで再現できるレベルでモノを集める」をキーワードに収集してきた資料から展示を組み立てていきます。


静物となった生物 ~暮らしの品々に生息する“いきモノ”の世界~

 私たちが何気なく日々使用している品々をあらためて見回してみると、その中にたくさんの生物が身を潜めていることに気づきます。


昭和日常博物館25年間の展示活動【=82】の濃縮エッセンス25/82展(ニー・ゴー・ハチ・ニー・テン)

 昭和日常博物館は今年で開館25 周年を迎えました。  開館から現在までの25 年の間に合計82 本の企画展・特別展を企画開催してきました。


昭和の夏・日本各地で愛飲されたジュースビン・コレクション2500  ~夏・レトロジュースビンの世界~

 暑い夏、冷蔵庫や氷水で冷やされた清涼飲料水は、渇いたのどを潤し、清涼感を与えてくれます。この展示会では、昭和30年代から50年代に日本各地で愛飲された清涼飲料水のビン2000種類以上、約2500本を展示します。


INDEX -今までの特別展と企画展-



北名古屋市歴史民俗資料館 特別展/企画展

昭和かわいいモノ手帖
~ 昭和日常博物館的レトロ "かわいい" 満載 ~

展示期間:平成30年3月1日(木曜日)から平成30年5月30日(水曜日)まで
 

 今や世界に広がった日本の“kawaii”。

 この日本独特の「かわいい」文化は昭和30年代に大きく花開きました。その原点と中心は少女雑誌やその周辺でしたが、少女や幼い子どもに身近な雑誌、服飾、おもちゃにとどまらず、「かわいい」は食卓の上、引き出しの中、部屋の片隅など、日々の暮らしのいたるところに溢れていきました。

 この展示会では昭和日常博物館所蔵資料の中からさまざまなテーマで「かわいい」モノをセレクションし、展示していきます。たとえば、日本の「かわいい」を創り出す中核となった少女雑誌類、暮らしに愛らしい華やかさを添え、大流行となった花柄製品など、昭和時代の「かわいい」をいろいろな角度から振り返っていきます。現在の日本の「かわいい」文化のルーツである昭和時代の「かわいい」から自分だけのお気に入りの「かわいい」を見つけてください。