【特別展・企画展】共に地域を意識する3months

共に地域を意識する3months

共に地域を意識する3months

開館20周年を迎える歴史民俗資料館では、これまで集積してきたこの地域の情報や取り組んできた事業を、「地域を知る、地域アイデンティティを醸成する事業」として展開するために展示会や講演会等を開催します。
また、市が独自に行う回想法事業やその他の事業と連携し、地域について考えるためのイベントも開催します。


■ テーマは「時をつなぐ、人をつなぐ、地域をつなぐ」
地域とは自然、人為、偶然、必然等さまざまな要因により、いにしえから築かれてきたものです。ポスターのイメージ図は、綿々とつながる縦軸(時間軸)と、その時点・時期に展開した横軸(空間軸)を表しています。このように地域は、まるで糸を紡ぐかのようにしてつながった、時と人によって構成されています。


■ 私たちが暮らす地域を見つめ直すための3か月間
「共に地域を意識する3months」では、「地域回想法」や「地域とアート」、「地域史」を通して地域を再認識するための催しを、11月から平成23年1月までの3か月間で開催します。これを機にみなさんも、地域をさまざまな視点から見つめ直してみませんか。

歴史民俗資料館開館20周年記念関連イベント日程

種別
イベント名
とき
ところ
地域回想法
特別展「回想の道具学 懐かしい道具のユニバーサルなチカラ」
11月3日から12月26日まで
歴史民俗資料館
地域とアート
旧加藤邸アートプロジェクト2010
11月6日から14日まで
旧加藤家住宅
地域回想法
回想法シンポジウム2010 地域回想法最前線
11月20日・21日
文化勤労会館
地域史
講演会「円空の足跡in北名古屋市」
12月5日
東図書館 視聴覚室
地域史
特別展「低平地に築かれし古墳」
平成23年1月8日から30日まで
歴史民俗資料館
地域史
シンポジウム「(仮題)古墳から地域を読み解く」
平成23年1月23日
東図書館 視聴覚室

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp