【特別展・企画展】ショウワ・キュイジーヌ~伝統と革新の食卓を囲んで~

ショウワ・キュイジーヌ

展示期間:平成26年10月7日(火曜日)から平成27年1月30日(金曜日)まで
 

 過去も現在も私たちの暮らしに欠かすことのできない『食』。

 長い歴史の中で培われてきた、日本の伝統的な食に関わる調理法、思想、諸習慣は、「和食:日本人の伝統的な食文化」として、昨年(2013年)、ユネスコ無形文化遺産への登録が決定されました。
 この日本の伝統的な食文化も、長い歴史の中で、諸外国からの料理や素材の流入、新しい調理法や道具の登場により、様々な変化を経ながら成立したものです。そして現在の私たちを取り巻く食文化もめまぐるしいスピードで変化しています。この食文化の変化 は、明治時代の文明開化以降にスピードを増し、昭和30年代以降には電気炊飯器の登場による、かつての台所の中心であったカマドの消失に象徴されるように『食』を取り巻く環境は急加速して変化していきます。
 本展示会では、地域の伝統食、昭和時代の料理本に見られる家庭料理のレシピ、昭和時代の台所・キッチンの道具の移り変わりを通して、昭和時代の食文化の変化を振り返るとともに、現在、そして未来の私たちの食文化について考える機会とします。

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp