【特別展・企画展】古書に時代の空気感を読む

古書に時代の空気感を読む
―ブックデザイン・装丁を愛でながら―

古書に時代の空気感を読む


展示期間

平成22年3月2日(火曜日)から5月30日(日曜日)

 装丁とは、本の表紙、見返し、扉、カバー、帯、外箱のデザインなど、図書設計の一連の工程またはその意匠を意味します。本の容姿を作るということができます。

 装丁は、著作の内容、読者へのアピール、流行など多様な要素を反映しており、その著作内容とともに出版された時代を反映しています。

 そこで、様々な時代の本をその装丁とともに見つめていくことで、時代背景や時代感を読み取っていく展示とします。

 江戸時代の末期から昭和にかけての和製本、大正時代から昭和時代にかけての洋製本を展示し、製本の手法、デザイン、時代背景を解説していきます。

 本の容姿を見つめることで時代の空気感を感じ、普段の読書とは異なった本との接し方を提案していきます。

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp