【特別展・企画展】詳説・昭和大流行

詳説・昭和大流行
昭和レトロブーム解析と展望-昭和日常博物館の10年展を添えて

詳説・昭和大流行

展示期間

3月1日(土)~5月30日(金)

歴史民俗資料館は1990年に開館、1993年に企画展「屋根裏の蜜柑箱は宝箱」を開催し、昭和時代の生活資料を収集し、展示していくという方向性を見出しました。
その後、展示構成が昭和時代を中心とするものとなり1997年には「日常が博物館入りする時」という特別展を開催し、その際「昭和日常博物館へ行こう!」という呼びかけを行いました。
以後10年が経過し、その間、追い風となるかのように、昭和レトロブーム湧きあがり今日にいたっています。こうした動きは全国各地で展開され、博物館・商業施設・街並み再生など多様化し、集客・販促が成功しています。特に、昨年11月から映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のロードショーが好評を博し、昭和大流行はさらに加速し、流行を超え普遍的なものとなりつつあります。本館は、こうした映画や他の博物館の展示会、街並み再生に協力してきました。
この展示会では、本館の取組みになぞらえ、昭和大流行を牽引する施設、イベントなどを紹介するとともに、今、なぜ、昭和が大流行しているのかを詳説していきます。

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp