回想法事業の実施

事業の実施

回想法事業の実施01
 

(1)回想法スクール

 本事業では、参加者がグループ単位で行うグループ回想法の手法を取り入れた回想法スクールを実施しています。
 参加者の健康状態に応じたスクールを開講します。
 スクールは週1回の教室を、連続8回、各回テーマを決めて実施します。
 回想法スクールは、北名古屋市にお住まいの概ね65歳以上の方を対象に実施しています。各地域の施設に出向いて行う出前型の回想法スクールも行っています。
 回想法スクールは、概ね次の内容で実施しています。

区分 テーマ 内容
第1回 自己紹介・会の名前を決めましょう 自己紹介・ふるさとの話
会の名前を決める
第2回 遊びの思い出 お手玉・めんこなどの話
第3回 小学校の思い出 お弁当・やんちゃな頃の話
第4回 おやつの思い出 もののない頃のおやつの話
第5回 お手伝いの思い出 子守・縄ないなどの話
第6回 仕事の思い出 初給料・おしゃれ 他
第7回 皆さんでテーマを決めましょう メンバーでお話を楽しみます
第8回 スクールを振り返って 思い出色紙作り

 各回の教室の所要時間は、おおむね1時間です。
 スクール参加に当たり効果を測るため、効果測定やアンケートを行います。

(2)回想法スクール卒業生の会

 回想法スクール修了者を「いきいき隊」隊員に任命して隊員証を交付し、スクール終了後も継続して回想法を楽しむ自主グループ体制を作り、地域活動の推進・活性化を図っています。
 「いきいき隊」全体の活動としては、遊びを通した世代間交流や、昔を再現した行事(夏の夕涼み、郷土料理作り)、視察対応など多岐に渡っています。  

廊下に立っている絵

(3)回想法リーダーの育成

 回想法スクール卒業生の会「いきいき隊」は、回想法や介護予防に関心のある方を中心に、「回想法リーダー養成研修」を通してリーダーの役割を学び、スクールや回想法体験教室を支援しています。
 また、生活機能改善事業(ミニデイサービス)を委託しているボランティア団体にも学んでもらい、事業の活動メニューとして実践しています。

(4)回想法キットの貸出し

  回想法を実践する際に、その教材となる懐かしい日常生活用具、文具、玩具等思い出を誘う道具を箱に詰めた思い出箱(キット)を回想法の普及・促進を図るため、全国の施設、病院、自治体へ貸し出します。

(5)回想を楽しむための小冊子の発行

昔の道具や生活風景を収録した冊子を作成しています。
平成14年度 思い出ふれあいハンドブック 昭和キオクの小片(かけら)
平成15年度 -子育て奮闘編-
平成16年度 -日本の夏編-
平成17年度 -しかつ思い出アルバム-
平成18年度 絵空旅-あの頃のくらし編-
平成19年度 絵空旅-子どもたちの暮らし・学校編-
平成20年度 絵空旅-昭和に学ぶ eco-
平成22年度 ほほえみのレシピ
平成24年度 伝えたい言葉集-人生は走馬灯-

(6)ビデオの作成

回想法の効果や実践等を紹介したビデオを作成し、回想法キットの資材として、あるいは研修などに活用しています。
平成14年度 師勝町思い出ふれあい事業
平成15年度 回想法キット 師勝町思い出ふれあい事業
平成16年度 グループ回想法実践ビデオ
「さあ!みんなで懐かしい話を始めよう」
平成21年度 北名古屋市思い出ふれあい(回想法)事業
平成22年度 回想演劇「あの頃の思い出」
平成 24年度 温故知新フェスタ

(7)回想法基礎研修・専門研修の開催

 回想法の意義と実践、そして市が実施している「思い出ふれあい事業」の取組事例を発表する場として、回想法基礎研修を開催しています。
 回想法の展開、リーダーの役割など実践を通して回想法の基礎技法を学ぶ良い機会ですので、ふるってご参加ください。

(8)NPO法人等との協働

 高齢者ケア研究機関である「特定非営利活動法人シルバー総合研究所」と協働し、回想法センターの運営、研修の開催、事業評価等を委託して、回想法事業の運営に当たっています。
 今後も、各種団体が持つノウハウを事業に活かし、その育成に努めてまいります。

お問い合わせ

高齢福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-26-4477
E-mail:korei@city.kitanagoya.lg.jp

回想法ページへようこそ!

回想法事業

回想法拠点

回想法センター

回想法センター日記

サンサンまつり

サンサンまつり (7月30日)

陽だまりハウスで恒例のサンサンまつりを開催しました。暑い日でしたが部屋の中でロケット作りやサイコロ・でんでん太鼓などを作って、水でっぽう遊びや笹船で楽しんだ後にスイカ割りをして盛り上がりました。