犯罪状況について

犯罪状況について

 

 令和2年中の西枇杷島警察署管内の刑法犯発生件数1045件のうち本市は522件で、前年の570件と比較すると48件、8.5パーセントの減少となりました。また、刑法犯のうち窃盗犯は、同管内691件のうち本市は、338件とこちらも前年の435件と比較して97件、22.3パーセントの減少となりました。

 このように発生件数は大幅な減少となりましたが、個別の犯罪別についてみると自転車や自動車の盗難が増加傾向にあります。
 自転車は路上駐車をせず、駐輪場を利用するとともに、わずかな時間でも必ず2ロックをかけるようにしましょう。

 自動車についても少しの時間ならとエンジンをかけたままにせず、離れる時はキーを抜き、ロックをしましょう。

 なお、侵入盗も減少傾向ではありますが、最近では、バールのようなもので、強引にドアをこじ開けるなどの粗暴な手口もあり、犯人と遭遇してしまうと強盗事件に発展する恐れもあります。
 犯人は事前に犯行現場の下見をし、犯行がしやすいと判断すると後日実行に移しており、その後も続けて同じお宅が被害に遭うケースがあります。
 防犯対策としては、次のように防犯意識の高い家主だと犯人に思わせることが有効です。
空き巣

  1. 窓に防犯フィルムを貼りつける。
  2. 窓枠に補助錠を取付ける。
  3. 家を留守にするときは人がいるように見せる工夫をする。
  4. 在宅中でも鍵を掛ける。                                                                              

                                  

 また、本市に限らず、小中学生を狙った卑劣な犯罪も多発していますので、ご家庭で防犯対策について話し合いをするとともに、不審者を目撃した場合は警察にご連絡をお願いいたします。

不審者   連れ去り 

警察総合相談窓口 電話:#9110

西枇杷島警察署  電話:052-501-0110

窃盗犯主要手口別発生状況

お問合せ

防災交通課(西庁舎2階)
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-0611
E-mail:bosai@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

交通

防犯

防災

消防

きたバス(市内循環バス)

駅周辺自転車駐車場