北名古屋市新型コロナウイルス感染症対策本部の対応・各種情報

発熱や咳が続くなどで不安な方へ

愛知県自宅療養者サービス窓口(外部リンク:愛知県ホームページ)

新型コロナウイルス感染者の療養期間(PDF 418KB)

濃厚接触者の待期期間(PDF 851KB)

ワクチン接種・受診・感染者情報

健康・診療・生活

個人向け支援等について

事業者向け支援等について

保育所 小・中学校 児童クラブなど

イベント・施設・窓口

各種相談

10月1日から「厳重警戒」に 引き続き基本的な感染防止対策の徹底とオミクロン株対応ワクチンの積極的な接種の検討を

厳重警戒パネル画像

 愛知県では、10月1日から「『厳重警戒』での感染防止対策」を呼びかけておりましたが、11月25日(金曜日)、国の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受け、「『厳重警戒』での感染防止対策」を一部変更することといたしました。
 市民の皆様には、引き続き、感染防止対策の徹底をお願いします。

マスクの着用について

新型コロナウイルス感染症に関するマスク着用について(6月14日更新)

次の点に留意をお願いします。

  • 屋内においては、他者と身体的距離(2m以上を目安)が確保できないときや他者と距離が確保できるが会話を行うときは、マスクの着用をお願いします。他者との距離が確保できる場合で会話をほとんど行わないときは、マスクの着用は必要ありません。
  • 屋外においては、他者と身体的距離が確保できない場合で会話を行うときは、マスクの着用をお願いします。他者と距離が確保できないときであっても会話をほとんど行わないときは、マスクの着用は必要ありません。
  • 高温・多湿などの環境下では、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、上記のマスクの着用が必要ない場面では、マスクを外すことを推奨します。
  • 特に必要がない場面等で、本人の意に反してマスクの着脱を無理強いしないようお願いします。

「厳重警戒」での感染防止対策(愛知県ホームページ)

みなさんへのお願い

  1. 外出の注意点
    ◆混雑した場所や感染リスクが高い場所は避けて行動してください。
  2. 県をまたぐ移動の注意点
    ◆帰省や旅行など、県をまたぐ移動は、「三つの密」回避を含め基本的な感染防止対策を徹底するとともに、移動先での感染リスクの高い行動は控えてください。
  3. 高齢者等への感染拡大の防止
    ◆重症化しやすい高齢者、基礎疾患のある方々、妊婦のみなさんが感染しないよう、人と人との距離の確保やマスク着用など、基本的な感染防止対策の徹底などの配慮をお願いします。
    ◆帰省時などに高齢者や基礎疾患のある方と会う際は、事前に陰性の検査結果を確認することや、早期にワクチン3回目接種を受けることをお願いします。
  4. 基本的な感染防止対策の徹底
    ◆「感染しない、感染させない」を徹底してください。
    ◆特に、若い世代の方々は、基本的な感染防止対策を徹底してください。
    ◆会食・飲食する際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安に(介助や介護を要する場合は除く)、飲食する時だけマスクを外し、会話の際には「マスク会食」を徹底してください。また、「大声で騒ぐこと」は、飛まつ感染につながるため、やめていただくようお願いします。
    ◆「ニューあいちスタンダード認証店(あいスタ認証店)」や「安全・安心宣言施設」のステッカー掲載店で、感染防止対策が徹底されている店を利用してください。
    ◆日頃から、「三つの密」が発生する場所を避け、大人数や長時間におよぶ飲食などの場面では、マスクの着用、手指消毒等、基本的な感染防止対策を徹底してください。
    ◆適切な温度・湿度等を保ちつつ、十分な換気を行ってください。
    ◆家庭内においても、室内を定期的に換気し、こまめに手洗いを行っていただくとともに、子どもの感染防止策を徹底してください。
    ◆検査キットや解熱鎮痛薬等を、あらかじめ購入し、発熱等の体調不良時に備えてください。
    ◆無症状でも感染の不安がある場合は、PCR等検査を受けてください。
    ◆新型コロナワクチンの追加接種により、発症予防効果と重症化予防効果は、ともに回復します。3回目接種がお済みでない方や 4回目接種の対象となっている方は、積極的にワクチン接種の検討をお願いします。

 自分が感染しない、あるいは身近な人に感染させないために、そして、感染者を増やさないことで医療体制がひっ迫しないように、みなさんで感染拡大防止に努めましょう。

最新の市内の新規感染者数は行っていません

新型コロナウイルス感染者にかかる情報は、令和4年9月27日愛知県発表分(9月26日報告分)から、感染者数の全数把握見直しに伴い、感染者数の居住地別から、医療機関の所在地別に変更されることとなったことから、市内での新規感染者数の把握ができなくなりました。したがって、令和4年9月27日愛知県発表分以降、市内新規感染者数の発表は行っていません。 

「北名古屋市消防団 機能別団員」による緊急事態措置に伴う感染防止対策啓発活動(令和3年5月11日更新)

 名古屋芸術大学の学生で結成された「北名古屋市消防団 機能別団員」に所属する3人の団員が、市民の皆様に向けて緊急事態措置に伴う感染防止対策を呼び掛ける動画を作成しました。

機能別団員について
 北名古屋市消防団では、消防団員の確保と学生の若さと行動力により、消防団の更なる発展に向け、市内の大学に通学する大学生を対象に、特定の活動に従事する機能別消防団員制度を新設しました。新型コロナウイルスの影響により、令和3年4月から本格的に稼働し始めました。機能別団員の募集は、随時、名古屋芸術大学学務部学生支援チーム(同大東キャンパス内)で行っています。

北名古屋市新型コロナウイルス感染症対策本部(令和2年2月28日更新)

 新型コロナウイルス対策につきましては、令和2年2月25日に国が決定した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を基に、感染拡大を防止するため、2月28日(金曜日)に「北名古屋市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ

北名古屋市新型コロナウイルス感染症対策本部
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-1800
E-mail:jinji@city.kitanagoya.lg.jp