フォトニュース

新人職員が救護所用エアーテント設営を学ぶ (5月27日)

新人職員が救護所用エアーテント設営を学ぶ

 今年度の新規採用職員向けに、救護所用エアーテントの取扱い説明会が行われました。このエアーテントは6m四方で高さが3mあり、救護ベッドを8台入れられるサイズで、万が一災害が発生した際、救護所として活躍します。新規採用職員たちは、防災交通課防災指導監からテント構造の説明を受けたあと、実際にテントを広げ、空気を入れて設営を行いました。通常業務だけでなくこのような緊急時対応も学びながら、市役所職員として成長していきます。

この記事に対するお問い合わせ先

防災交通課

E-mail:bosai@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

避難所の設営方法を学ぶ 「きたなごや生活支援クーポン券」配布開始! 高齢者のみなさん、自転車の運転には気をつけて 本市のダンボールコンポストの取組が話題に! 1年前の痛ましい事故を教訓に 新人職員が救護所用エアーテント設営を学ぶ 当市職員が「なごチューブ」に出演しました! 食品のご提供ありがとうございました 安心・安全なまちづくり啓発動画を配信 市図書館に巨大モザイクアート