フォトニュース

卒業生だけでの卒業式 (3月3日)

卒業生だけでの卒業式

この日、市内全ての中学校で卒業式が行われました。市内の小・中学校は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、前日の2日から春休みまで臨時休校に入っています。このため、中学校の卒業式は在校生や来賓の参加は見合わせとなり、卒業生と保護者、教職員による式となりました。
西春中学校では、神谷幸男校長から壇上で卒業生126名の一人ひとりに卒業証書が手渡されました。神谷校長から卒業生へ「『雨だれ石を穿つ』、たとえ微力であろうと、同じことを粘り強くこつこつ続けていけば、初めは不可能と思われたことが、いつか可能ならしめる」という人生訓が送られ、時代の行く先を見つめ、辛く厳しい現実を前にしても決して投げ出さず、地道な努力を続けてほしいとの言葉が届けられました。
また、卒業生の大嶌翼さんから、会場にはいない在校生へのメッセージとして、「一日一日を大切にし、中学校生活を明るいものにしていってください。自分たちは今スタートラインに立っています。夢に向かって進んでいきます」と力強い答辞が述べられました。
式の終了後、これまでの感謝の気持ちを込めて「大地讃頌」の合唱が披露され、保護者らから大きな拍手が送られました。

戻る▲

最近のフォトニュース

「災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定」を締結 経営についての「よろず相談」スタート 七夕飾りを笹に飾り付けました 避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました 事業者向け協力金の申請受付が始まりました 安全運転支援装置設置補助金制度スタート 卒業生だけでの卒業式 交通死亡事故ゼロを目指して ごま商品を使ってエコクッキング 「ブルーシート展張講習会」を開催しました