フォトニュース

くっきりと浮かび上がりました (7月28日)

くっきりと浮かび上がりました

北名古屋市役所東庁舎の西側で行われている、今年で4回目となる田んぼアート。6月に田植え体験会を開き、市民のみなさん方に植えていただき、デザインがくっきりと浮かび上がりました。日曜日のこの日、東庁舎3階のベランダから眺める特別鑑賞会が開かれました。
今回デザインしたのは、名古屋芸術大学アートクリエーターコースの原加奈子さん(3年)。今年の干支であるイノシシが勢いよく突き進むイメージと、市民の足として親しまれるきたバスとを組み合わせ、「2019幸せはこぶキタナゴヤ」を表現しています。
アートに使われているのは、あいちのかおり、あかねあそび、べにあそび、ゆきあそび、黄色大黒、紫大黒の6つの異なる品種の苗。これらをうまく使い分けて、見事に絵が浮かび上がりました。
稲沢市から訪れたという男性は、「初めて観に来ました。こうした街中でやっているなんてめずらしいですね」と話していました。
田んぼアートの鑑賞は、市役所東庁舎が開庁している平日の午前8時30分から午後5時まで行われており、もうしばらく見頃が続きます。

この記事に対するお問い合わせ先

商工農政課

E-mail:shoko@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

会期を分散して開催 合同作品展 秋の味覚サツマイモの収穫~いきいき農業塾~ 「災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定」を締結 経営についての「よろず相談」スタート 七夕飾りを笹に飾り付けました 避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました 事業者向け協力金の申請受付が始まりました 安全運転支援装置設置補助金制度スタート 卒業生だけでの卒業式 交通死亡事故ゼロを目指して