フォトニュース

くっきりと浮かび上がりました (7月28日)

くっきりと浮かび上がりました

北名古屋市役所東庁舎の西側で行われている、今年で4回目となる田んぼアート。6月に田植え体験会を開き、市民のみなさん方に植えていただき、デザインがくっきりと浮かび上がりました。日曜日のこの日、東庁舎3階のベランダから眺める特別鑑賞会が開かれました。
今回デザインしたのは、名古屋芸術大学アートクリエーターコースの原加奈子さん(3年)。今年の干支であるイノシシが勢いよく突き進むイメージと、市民の足として親しまれるきたバスとを組み合わせ、「2019幸せはこぶキタナゴヤ」を表現しています。
アートに使われているのは、あいちのかおり、あかねあそび、べにあそび、ゆきあそび、黄色大黒、紫大黒の6つの異なる品種の苗。これらをうまく使い分けて、見事に絵が浮かび上がりました。
稲沢市から訪れたという男性は、「初めて観に来ました。こうした街中でやっているなんてめずらしいですね」と話していました。
田んぼアートの鑑賞は、市役所東庁舎が開庁している平日の午前8時30分から午後5時まで行われており、もうしばらく見頃が続きます。

この記事に対するお問い合わせ先

商工農政課

E-mail:shoko@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

くっきりと浮かび上がりました 「緑のカーテン育成教室」を開催しました 5月1日限定「令和」記念フォトブースを設置しました 天保橋が開通しました 愛知県知事選挙の啓発活動を行いました 西春駅前がイルミネーションで煌びやかに 愛知県内では、北名古屋市からスタート 「経営講演会・企業経営者と行政との交流会(官民交歓会)」を開催しました 子育てを楽しみたいママたちで活況 非行防止のパトロール