北名古屋市の未来を語る講演会「2030年の地域のあり方を考える」

 平成28年9月北名古屋市議会での一般質問を受け、2027年のリニア中央新幹線の開業にともなうこの地域全体の発展や、防災・福祉・教育・交通等の市民生活のさらなる向上に取り組むため、新しい区として名古屋市との合併について検討する意向が表明されました。

 このたびの講演会は、名古屋市およびその周辺地域を取り巻く環境が大きく変貌するリニア開業後の2030年を念頭に、北名古屋市の未来像をどのように描くのか、なぜ今名古屋市等との合併を検討するのか等について、北名古屋市第2次総合計画の策定に関わっていただいている四日市大学 岩崎恭典学長に講演をいただき、市民のみなさんに北名古屋市のまちづくりを考えるきっかけとしていただくものです。

北名古屋市の未来を語る講演会「2030年の地域のあり方を考える」

日時および場所

平成29年2月12日(日曜日)

第1回 午後1時30分から3時まで 北名古屋市文化勤労会館大ホール

第2回 午後4時から5時30分まで 北名古屋市総合体育館多目的ホール

※ 第1回と第2回は、同一内容の講演となります。

テーマ

なぜ今、合併を検討するのか

講師

いわさき やすのり

岩崎恭典氏(四日市大学学長)

【プロフィール】

京都府宇治市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、早稲田大学大学院政治学研究科自治行政専修博士課程前期修了。自治省外郭の研究所、中央学院大学法学部助教授等を経て、2001年より四日市大学総合政策学部教授。2016年9月に同大学学長就任。三重県教育委員会委員長、北名古屋市行政改革推進委員会会長、四日市市政策評価検証委員会委員長等の役職を歴任。

・専門分野  総合政策学、行政学、地方自治論

入場料等

無料(申込不要)

チラシ

北名古屋市の未来を語る講演会「2030年の地域のあり方を考える」

お問い合わせ

総務課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-1800
E-mail:somu@city.kitanagoya.lg.jp