○北名古屋市交通指導員就業規則

平成18年3月20日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、北名古屋市交通指導員(以下「指導員」という。)の就業に関し必要な事項を定めるものとする。

(職務)

第2条 指導員は、次に掲げる職務を行うものとする。

(1) 児童等の登下校時における交通指導

(2) 児童等の交通安全訓練

(3) 交通安全のための広報教育活動

(身分)

第3条 指導員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項第1号に規定する会計年度任用職員とする。

(勤務時間の割り振り)

第4条 勤務時間の割り振りは、午前については午前7時30分から午前8時30分まで、午後については午後1時から午後4時までとする。

2 前項の規定にかかわらず、指導員が職務を遂行するに当たって、市長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(週休日)

第5条 週休日は、北名古屋市立学校管理規則(平成18年北名古屋市教育委員会規則第7号)第7条に規定する学校の休業日とする。

2 前項の規定にかかわらず、指導員が職務を遂行するに当たって、市長が必要と認めたときは、この限りでない。

(身分証明書の携帯等)

第6条 指導員は、勤務時間中は常に身分証明書を携帯し、提示を求められた場合は、これに応じなければならない。

(貸与品等)

第7条 指導員には、制服その他必要な物品を貸与するものとし、貸与品目及び貸与方法は別に定める。

2 指導員は、勤務時間中は制服を必ず着用するとともに、必要な貸与品を携帯しなければならない。

3 指導員は、貸与品を故意又は重大な過失により毀損し、又は亡失したときは、これを賠償しなければならない。

4 指導員が退職又は死亡したときは、本人又はその遺族は、速やかに貸与品を返納しなければならない。

(研修)

第8条 市長は、指導員の職務遂行能力の向上を図るため、必要な研修を実施するものとする。

(雑則)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成25年3月27日規則第14号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月23日規則第11号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

北名古屋市交通指導員就業規則

平成18年3月20日 規則第18号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第9節 交通対策・防犯
沿革情報
平成18年3月20日 規則第18号
平成25年3月27日 規則第14号
令和2年3月23日 規則第11号