2013年09月04日
昭和の暮らし切り抜き帖

昭和の暮らし切り抜き帖

 スクラップブッキング。1980年代にアメリカで誕生した、思い出の写真にテキストや装飾を添えてまとめる、現在多くの人に親しまれているクラフトホビーです。また、雑誌や新聞記事の切り抜き、パッケージ等の印刷物を集めて貼り付けたスクラップブックはより古くから情報の収集整理の方法として定着しています。
 情報、資料、思い出を集め、整理し、見やすく、きれいにまとめるというスクラップブッキング・スクラップブックの作業は、博物館の営みに通じるところがあります。資料を収集、研究し、蓄積された研究成果から、展示会というテーマごとに膨大な収蔵資料を選択・抽出し、研究成果とともに見やすく、分かりやすく編集するという博物館の展示活動は、実物による立体的なスクラップブックの1ページとも言えるのではないでしょうか。
 


本展示会では、さまざまな視点から昭和時代の生活資料をスクラップブッキングの手法で切り抜き、まとめてみることで、昭和の暮らしの実物による切り抜き帖を作成していきます。通常のスクラップブッキングは私的な思い出や記憶を鮮明に保つためのツールですが、昭和日常博物館のスクラップブッキングは多くの人の共感を生む昭和時代の社会・暮らしの歴史・記憶を蓄積していきます。
 おぼろげな思い出にピントを合わせ、鮮明さを与える時代のスケールとして、個人的な記憶を他者と共有するための掛け橋として、昭和日常博物館的なスクラップブッキングを役立ててみてはいかがでしょうか。_ito

展示期間:2013年10月2日〜2014年1月26日

展示期間中には各種ワークショップの開催も予定しています。ワークショップの内容や日程についてはチラシ・当ホームページ等で随時お知らせしていきます。



2013年08月24日
夏休み科学あそび講座

夏休み科学あそび講座

8月23日(金)の午前と午後、小学生を対象とした夏休み科学遊び講座が開催されました。
午前中は、「自分だけの万華鏡作り−光の不思議を楽しむ」と題して。ドロッとした洗濯糊のなかを色とりどりのビーズが落下していく様を横からのぞき込むタイプの万華鏡を作成しまた。
午後は、「不思議回転飛行塔作り−ミニチュア飛行機を卓上で太陽電池を使ってバランスよく回転させよう」と題し、マイクロモーターを仕込んだ手作りのミニチュア飛行機に太陽電池を組み合わせ、やじろべえの様にバランスを取りながら回転する飛行塔を作りました。
参加した子どもたちは、初めて作る題材に戸惑いながらも指導をお願いした北名古屋市少年少女発明クラブの丁寧な説明を受け、完成させていました。自分自身で作り上げた万華鏡、回転する飛行機にみな感動していました。




2013年08月18日
キャラメルの値段

キャラメルの値段

sampleB−キャラメルの値段












showa-labo




2013年08月18日
ハエ・蚊退治

ハエ・蚊退治

sampleA−ハエ・蚊退治












showa-labo




2013年08月18日
セルロイドのおもちゃ

セルロイドのおもちゃ

sample@−セルロイドのおもちゃ












showa-labo




2013年08月18日
夏休みも終盤-自由研究の宿題に取組む家族で賑わう

夏休みも終盤-自由研究の宿題に取組む家族で賑わう

夏休みも終盤となり、宿題を仕上げる時期になってきました。夏休みに自由研究の課題が出ない学校も増えたように聞きますが、資料館には、自由研究に取組む家族連れの姿が急増しています。
小学校3年生では、「昔の暮らしを学ぶ」というカリキュラムがあります。昭和日常博物館には、50年、60年前の暮らしで使われたもの、食べていたもの、遊んでいたものなど数多く展示してあります。こうした時代を家族で振り返る。大人たちにとったは懐かしいことが、子どもたちにとっては新鮮で、学ぶこと、調べることになります。_ichihashi





showa-labo




2013年08月13日
多くの家族連れで賑わいました。

多くの家族連れで賑わいました。

日光写真を体験するワークショップを開催しました。日光写真は、印画紙に種紙という絵柄が描かれた紙をのせて光を当て、印画紙に写し出す遊び。昭和30年代に流行しました。
当館では、モノクロ写真用の印画紙を使って行いました。通常は定着処理をしませんので、光が当たると全体が真っ黒に変化し、絵柄が消えてしまいます。そこで、今回は定着液に浸し処理をすることで、消えない日光写真を作りました。
本来は太陽の光に当てるところですが、室内でLED照明を使って行いました。光を当てる時間を変えると仕上がりの色の濃さも変化するため、ちょうど良い露光時間を探して何度も挑戦する子もいました。
定着処理はしませんがいつでも日光写真を体験することができますので挑戦してみてください。_ichihashi




2013年08月13日
オリジナルの写真機と種紙でワークショップ

オリジナルの写真機と種紙でワークショップ

8月11日(日)午後1時30分より「日光写真の原理を学ぶ」ワークショップを開催しました。
ワークショップの開催にあわせてオリジナルの紙製の日光写真用写真機と種紙を作成しました。
ワークショップ終了後も受付ロビーにて『日光写真」を体験することができます。無料・1人1回としています。_ichihashi





showa-labo




2013年08月04日
ワークショップ「日光写真の原理を学ぶ」準備中

ワークショップ「日光写真の原理を学ぶ」準備中

日光写真の写真機というと大げさですが、絵柄のついた種紙と印画紙をはさみ込んで固定する紙製の箱を作成しています。昭和30年代に駄菓子屋などで販売されていたモノを参考にオリジナルデザインの写真機を作成し、ワークショップで使う予定です。_ichihashi

◆「日光写真の原理を学ぶ」            
日時:8月11日(日) 午後1時30分〜3時
日光写真はどうしてうつるのか。その科学的原理を遊びながら学びます。当日参加自由。




2013年07月11日
この夏、研究者を体感する。

この夏、研究者を体感する。

昭和日常博物館には、現代の子どもたちにとっては、おどろき!や不思議?にみちたモノが満載されています。昭和の暮らしの中のおどろきや不思議を自由研究のテーマにしてみませんか?
◆「自由研究相談会」
ショウワ・ラボ的自由研究の相談会を開催します。自由研究を通して研究者を体感してみませんか。歴史民俗資料館の学芸員、図書館の司書が相談に応じます。
第1回 7月21日(日)
[参加申込み 7月17日(水)まで]
第2回 8月10日(土)
[参加申込み 8月7日(水)まで]
定員:各回20名。
開催時間:午前10時〜11時30分。




24ページ中14ページ目を表示(合計:235件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]