2018年06月08日
「昭和少女・夏休み絵モノ語り」

「昭和少女・夏休み絵モノ語り」

企画展 昭和少女・夏休み絵モノ語り
〜1950'Sノスタルジック・サマー/昭和少女たちの絵日記につづられた思い出の夏休み〜

【開催期間】7月14日(土)〜9月2日(日)

 海水浴、プール、水遊び、虫とり、花火、盆踊り、かき氷、アイスクリーム…。今も昔も、夏休みは子どもたちが心待ちにする、楽しいこと、うれしいことが満載の長い長いお休みです。
 当館では、昭和30年代前半に小学校低学年の少女たちが夏休みの宿題として毎日つづった絵日記を資料として収蔵しています。これらの絵日記には少女たちの夏休みの日常や楽しかった思い出がいっぱい詰まっています。暑いなかでも楽しかった夏の遊び、季節の行事、夏ならではの楽しみ、日々の暮らしやお手伝いなどが子どもらしい絵と文でいきいきとつづられており、昭和時代の夏休みの子どもたちの様子や当時の暮らしを知る手がかりに溢れています。
 今年の夏休みは、昭和少女たちが残した絵日記を手がかりに昭和時代の夏休みや暮らしを探り、今のぼく/わたしの夏休みと比べてみることで、夏休みの過ごし方や暮らしの移り変わりについて考えてみましょう。_ito




2018年04月30日
ビーズでフシギカワイイ生き物をつくろう

ビーズでフシギカワイイ生き物をつくろう

5月18日はICOM(国際博物館会議)が提唱する「国際博物館の日」です。この日を中心に全国の博物館、美術館、水族館などでさまざまな記念事業が開催されます。当館では、「国際博物館の日」の記念事業として下記のとおりワークショップを開催します。ぜひご参加ください。_ito

 ※ワークショップは終了しました。

「ビーズでフシギカワイイ生き物をつくろう」
 かわいらしく、どことなくユーモラスな昭和レトロデザインを意識して、ビーズを自由に組み合わせて不思議でかわいい生き物をつくります。
【日 時】5月19日(土) 午後1時30分〜3時
【定 員】20名(当日先着順)
【参加費】無料
【講 師】松村淳子さん(アートエデュケーター)
※グルーガンを使用しますので、ヤケドには十分ご注意ください。小学生以下のお子さんには必ず保護者の方がお付き添いください。




2018年04月01日
「アップリケアニマル」

「アップリケアニマル」

企画展「ハルイロ🌸昭和かわいいモノ手帖」関連ワークショップのご案内です。今回は動物をモチーフにしたレトロデザインのアップリケをつくります。みなさんのご参加お待ちしております。_ito

  ※ワークショップは終了しました。

「アップリケアニマル」
 フェルトを使って、昭和レトロデザインのかわいい動物アップリケをつくります。
【日時】4月15日(日) 午後1時30分〜3時
【定員】20名(当日先着順)
【参加費】無料
【講師】松村淳子さん(アートエデュケーター)




2018年03月11日
気持ち悪い?かわいい? 「キモかわ」

気持ち悪い?かわいい? 「キモかわ」

かわいいモノ満載の今回の企画展ですが、展示準備の際に一見「気持ち悪い」と感じながらも、あとからジワジワと「ひょっとしたらちょっとかわいいかも」と思えてくるような「キモかわ」モノもピックアップしておきました。そして、そんな「キモかわ」モノから選りすぐりの逸品を集めたのが、今回ご紹介する「キモかわ」コーナーです。
いろいろな「キモかわ」を展示していますが、なかでも一押しは、この「カタツムリこけし」です。観光地のお土産品としつくられたもので、本物の巻貝の貝殻にこけしの頭をつけた人面カタツムリが愛らしく微笑んでいます。ビーズをつけたツノを小さな頭に生やすなど、細工も凝っていますので、ぜひ間近でその気持ち悪さとかわいらしさをお楽しみください。_ito




2018年02月28日
2階ロビーにもかわいいモノが!

2階ロビーにもかわいいモノが!

今回の展示会では、2階ロビーのトピック展示コーナーも企画展の1コーナーとして展示を行いました。
「育児用品が“かわいい”」というコーナータイトルで育児、赤ちゃん用品などを展示していますので、2階の展示もお見逃しなく。_ito




2018年02月28日
かわいいモノいろいろ@

かわいいモノいろいろ@

たとえば「おしゃれ」のなかのかわいい。


かわいいモノいろいろA

かわいいモノいろいろA

たとえば「子ども向けのアクセサリー」。


かわいいモノいろいろB

かわいいモノいろいろB

たとえば「みかんこけし」。


2018年02月28日
明日から開催!

明日から開催!

企画展「ハルイロ🌸昭和かわいいモノ手帖」を明日3月1日から5月30日まで開催します。
昭和日常博物館のコレクションの中からレトロかわいいモノをセレクションし、展示しています。今回の企画展のため展示した資料点数は1200点以上。たくさんのかわいいモノの中からお気に入りを見つけてください。_ito




2018年02月03日
ハルイロ🌸昭和かわいいモノ手帖

ハルイロ🌸昭和かわいいモノ手帖

企画展
「ハルイロ🌸昭和かわいいモノ手帖〜昭和日常博物館的レトロ“かわいい”満載〜」
平成30年3月1日(木)〜5月30日(水)

今や世界に広がった日本の“kawaii”。
この日本独特の「かわいい」文化は昭和30年代に大きく花開きました。その原点と中心は少女雑誌やその周辺でしたが、少女や幼い子どもに身近な雑誌、服飾、おもちゃにとどまらず、「かわいい」は食卓の上、引き出しの中、部屋の片隅など、日々の暮らしのいたるところに溢れていきました。
この展示会では昭和日常博物館所蔵資料の中からさまざまなテーマで「かわいい」モノをセレクションし、展示していきます。たとえば、日本の「かわいい」を創り出す中核となった少女雑誌類、暮らしに愛らしい華やかさを添え、大流行となった花柄製品など、昭和時代の「かわいい」をいろいろな角度から振り返っていきます。現在の日本の「かわいい」文化のルーツである昭和時代の「かわいい」から自分だけのお気に入りの「かわいい」を見つけてください。_ito




2017年12月05日
座って語れる場

座って語れる場

今回の特別展では、かつて木造校舎で使われた学校の椅子を語れる場として各所に配置しています。
懐かしい椅子に腰かけて、懐かしい話に花を咲かせてみましょう。_ichihashi




2017年12月02日
展示型サミット&ギャラリートーク&ワークショップ

展示型サミット&ギャラリートーク&ワークショップ

11月18日の地域回想法サミットin北名古屋市に続き、19日には、地域回想法サミットin昭和日常博物館を開催しました。展示型サミットと称し、当館の回想法に関する取り組みの変遷、各地の博物館の回想法に関する取り組み事例、博物館の役割としての回想法についてパネル展示及びギャラリートークを開催しました。
また、博物館に回想法を取り入れる手法として「世代間交流ワークショップ」「回想法ワークショップ」など、ワークショップ事例を報告し、「思い出行灯(あんどん)を作る」と題したワークショップをプレゼンし、体験していただきました。_ichihashi




24ページ中1ページ目を表示(合計:231件)
[前のページ|次のページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]