高齢者肺炎球菌(23価)ワクチン(定期予防接種)

定期予防接種の対象とならない方は、任意予防接種の補助(生涯1回のみ)を受けることができます。詳しくは、高齢者肺炎球菌(23価)ワクチン(任意予防接種)をご覧ください。

個別接種

対象者

北名古屋市に住民票があり、これまでに肺炎球菌ワクチン予防接種(23価)をしたことがなく(自費接種含む)、次の1または2に該当する方

  1. 平成29年度内に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方(生年月日は下記参照※)
  2. 60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能または免疫機能の障害があり、おおむね身体障害者手帳1級相当の方

※平成29年4月1日から平成30年3月31日までの対象者

65歳 昭和27年4月2日から昭和28年4月1日生

70歳 昭和22年4月2日から昭和23年4月1日生

75歳 昭和17年4月2日から昭和18年4月1日生

80歳 昭和12年4月2日から昭和13年4月1日生

85歳 昭和7年4月2日から昭和8年4月1日生

90歳 昭和2年4月2日から昭和3年4月1日生

95歳 大正11年4月2日から大正12年4月1日生

100歳 大正6年4月2日から大正7年4月1日生

接種期間

4月1日から平成30年3月31日まで

接種回数

1回

自己負担金

2,500円

※生活保護世帯の方は、自己負担金が免除になります。指定医療機関に支払後、保健センターへ補助金申請の手続きをしてください。

予診票

当該年度の対象者で、過去に北名古屋市高齢者肺炎球菌ワクチン助成金(任意予防接種)を利用したことがない方には、予診票と説明文を送付します。

接種する時の持ち物

対象者の1に該当する方:予診票(むらさき色)、健康保険証など(年齢、住所が確認できるもの)、お持ちの方は健康手帳(保健センターと高齢福祉課にて配布しています)

対象者の2に該当する方:予診票(むらさき色)、身体障害者手帳、健康保険証(年齢、住所が確認できるもの)

接種方法

(3種類あります)

  1. 下記の指定医療機関へ予約し、上記の持ち物を持って接種を受けてください。
  2. 愛知県広域予防接種協力医療機関で接種する場合は、接種前に保健センターで手続きしてください。 愛知県広域予防接種申出書(PDF 83KB)              
  3. 上記1、2以外の医療機関で接種する場合は、接種後に保健センターで補助金申請の手続きをしてください。接種後の手続きは、医療機関で使用した予診票、領収書(高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費と記載があること)、振込先が分かるもの、印かんをお持ちのうえ、保健センターへ接種後早めにおいでください。

注意事項

今までに高齢者肺炎球菌予防接種(23価)を受けた事がある方は対象外となります。

接種前に、接種の必要性、効果、副反応などについて十分理解したうえで接種を受けてください。

※接種後は、医療機関で「接種済証」を受け取ってください。健康手帳に貼るなど、接種したことが分かるように、保管していただきますようお願いいたします。

その他

北名古屋市では、高齢者肺炎球菌ワクチン(任意予防接種・助成額4,000円を限度)の助成を行っています。定期予防接種の対象とならない、かつ過去5年以内に高齢者肺炎球菌ワクチンを接種していない、過去に助成を受けたことがない方で希望される方は、接種前に保健センターで手続きしてください。

北名古屋市の定期予防接種または任意予防接種の制度は、どちらかを生涯1回に限り利用することができます。

指定医療機関一覧(高齢者肺炎球菌)(PDF形式 127KB)

接種を受ける前に

  • 高齢者肺炎球菌予防接種について、説明書をよく読んで、その効果や副反応について十分理解したうえで接種してください。
  • 治療中の病気がある方は、主治医とよく相談してから接種してください。
  • 接種対象の方で、転入され予防接種を希望される方は、保健センターへお尋ねください。

※接種される医療機関が指定医療機関か愛知県広域予防接種協力医療機関か不明なときは、医療機関または保健センターへお問い合わせください。

関連リンク

高齢者肺炎球菌(厚生労働省)(外部リンク)

お問い合わせ

健康課(保健センター)
電話:0568-23-4000
ファクス:0568-23-0501
E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp