償却資産の課税標準の特例について

償却資産の課税標準の特例

 地方税法第349条の3、本法附則第15条等に該当する資産には、税負担の軽減をはかるため、課税標準の特例が適用されます。

課税標準の特例(わがまち特例)の一例

雨水貯留浸透施設

  • 対象資産の例:地下貯留槽、駐車場貯留、浸透トレンチ、雨水浸透ます等
  • 特例率:4分の3(平成24年4月1日から平成30年3月31日までの取得については3分の2)
  • 適用期間:期限なし
  • 添付書類:雨水浸透阻害行為に関する工事の検査済証(写)

再生可能エネルギー発電設備(太陽光発電設備)

  • 対象資産の例:再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金を受けて取得された自家消費型発電設備(固定価格買取制度の認定を受けて取得された設備は対象外)
  • 特例率:
    <1,000kw未満>
    3分の2
    <1,000kw以上>4分の3(平成28年4月1日から平成30年3月31日までの取得については3分の2)
  • 適用期間:取得後3年度分
  • 添付書類:再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金交付決定通知書(写)

再生可能エネルギー発電設備(風力発電設備)

  • 対象資産の例:風力発電設備
  • 特例率:
    <20kw以上>
    3分の2
    <20kw未満>4分の3(平成28年4月1日から平成30年3月31日までの取得については3分の2)
  • 適用期間:取得後3年度分
  • 添付書類:経済産業省の再生可能エネルギー発電設備認定通知書(写)

再生可能エネルギー発電設備(水力・地熱・バイオマス発電設備)

  • 対象資産の例:水力発電設備、地熱発電設備、バイオマス発電設備
  • 特例率:
    <水力5,000kw未満、地熱1,000kw以上、バイオマス10,000kw未満>
    2分の1
    <水力5,000kw以上、地熱1,000kw未満、バイオマス10,000kw以上20,000kw未満>3分の2(平成28年4月1日から平成30年3月31日までの取得については2分の1)
  • 適用期間:取得後3年度分
  • 添付書類:経済産業省の再生可能エネルギー発電設備認定通知書(写)

生産性向上特別措置法「先端設備等導入計画」に基づく新規設備

  • 対象者:資本金額1億円以下の法人、従業員数1,000人以下の個人事業主等のうち、先端設備等導入計画の認定を受けた者(大企業の子会社を除く)
    ※大企業の子会社とは
    同一の大規模法人(資本金1億円を超える法人等)から2分の1以上の出資を受ける法人
    2以上の大規模法人(資本金1億円を超える法人等)から3分の2以上の出資を受ける法人
  • 対象資産:生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する下記の設備

【減価償却資産の種類(取得価格/販売開始時期)】

  • 機械装置(160万円以上/10年以内)
  • 測定工具及び検査工具(30万円以上/5年以内)
  • 器具備品(30万円以上/6年以内)
  • 建物附属設備(60万円以上/14年以内)
    ※家屋と一体となって効用を果たすものを除く 

【その他の要件】

  • 生産、販売活動等の用に直接供されるものであること
  • 中古資産でないこと
  • 特例率:0(ゼロ)
  • 適用期間:取得後3年度分
  • 添付書類:
    先端設備等導入計画書の写し
    先端設備等導入計画に係る認定書の写し
    工業会等の証明書の写し

    ※リースの場合は、上記書類に加え次の書類を添付してください。
    リース契約書の写し
    リース事業協会が確認した「固定資産税軽減計算書」の写し

「先端設備等導入計画」の申請についてはこちら(商工農政課)

その他

他にも特例はありますので、ご不明な場合はお問い合わせください。

お問い合わせ

税務課 固定資産税担当(東庁舎2階)
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:zeimu-w@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

市民税

個人市民税 主な税制改正 法人市民税 国税電子申告・地方税電子申告

固定資産税

軽自動車税・市たばこ税

税に関する証明