「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の支給について

 社会福祉協議会の緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯(注)で一定の要件を満たす生活困窮世帯に対し、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

(注)特例貸付について、総合支援資金の再貸付まで借り終わった世帯や、再貸付について不承認とされた世帯

 申請受付期間延長について

 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請受付期間が下記のとおり延長されました。

旧:令和3年7月1日(木曜日)から令和3年8月31日(火曜日)まで

新:令和3年7月1日(木曜日)から令和3年11月30日(火曜日)まで

支給対象者

 次のいずれかに該当する世帯主の方

  • 社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付を受けた方で、自立支援金の申請をした日の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来している。
  • 再貸付を受けている方で、申請日の属する月が当該再貸付の最終借入月である。
  • 社会福祉協議会に対して再貸付の申請をしたが、不承認となった。
  • 社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談等を行ったものの支援決定を受けることができず、申請ができなかった。

主な支給要件

  • 収入要件及び資産要件
表:収入要件および資産要件
世帯収入(月額) 世帯の金融資産額
単身世帯 118,000円以下 486,000円以下
2人世帯 168,000円以下 744,000円以下
3人世帯 207,100円以下 954,000円以下
4人世帯 245,100円以下 1,000,000円以下
  • 求職活動要件等

  次のいずれかに該当すること

  1. ハローワークに求職の申込みをし、常用就職を目指し以下の求職活動を行う。
    • 月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける。
    • 月2回以上、ハローワークで職業相談等を受ける。
    • 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける。
  2. 生活保護を申請し、受給決定が行われていない状態にある。

 ※この他にも要件がありますので、詳細はお問い合わせください。

 

支給額(月額)

 単身世帯:6万円

 2人世帯:8万円

 3人世帯以上:10万円

支給期間

 3か月

申請期間

 令和3年7月1日から11月30日まで

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-0003
E-mail:shakai@city.kitanagoya.lg.jp