使用可能時間の短縮について(名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館))

名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館)の使用可能時間の短縮について(令和3年1月14日時点)

緊急事態宣言の発出を受けて、令和3年2月7日まで夜間の使用を休止し、午後5時までの使用時間とさせていただきます。

緊急事態宣言の発出に伴う使用時間の変更について

午前9時から午後5時まで

使用可能な施設(定員)

小ホール(100名)、2階会議室(25名)、研修室(25名)に加え、
大ホール(370名)、ミーティング室(6名)、和室(20名)、視聴覚室(15名)、料理室(15名)、工作室(15名)、展示室、展示コーナーについて、クラブ・サークル活動、講座等での使用ができます。

※当面の間、人との距離を確保するため、定員は通常の2分の1を上限としています。

  大ホール客席配置図(PDF 129KB)

使用できない施設・設備等

換気が十分に行えないため、リハーサル室、楽屋1、楽屋2の使用はできません。

名簿作成が困難な業態(販売目的、不特定多数向けの事業)への貸出は行いません。

新たな利用上の制限事項

利用拡大に伴う新たな利用上の制限事項

大きな声を出す活動、身体接触がある競技・活動、呼吸が激しくなる競技・活動、息を吹く楽器演奏、調理・飲食を伴う活動は、感染リスクが高いため、「人との距離を2メートル以上開ける」「中央競技(活動)団体等のガイドラインを遵守する」「大会の自粛」を使用条件としています。また、料理室では飲食ができますが、食事の際は対面を避け、会話は控えてください。
  • 施設を利用する前に、確認事項(チェックリスト)を毎回提出してください。提出されない場合は、利用許可を取り消します。

    使用者名簿は、団体責任者が作成し1か月程度保管してください。感染者が発生した場合にご提出いただくこともありますので、毎回必ず作成してください。名古屋芸術大学アートスクエアチェックリスト(PDF 331KB)使用者名簿(Excel 13KB)

予約受付窓口

当面の間、リハーサル室、楽屋1、楽屋2の予約はできません。

2月2日(火曜日)午前8時50分から抽選会を行います。(受付:午前8時35分から8時50分まで) 大ホール8月分、大ホール以外4月分、展示室・展示コーナー5月分(リハーサル室、楽屋1、楽屋2以外)の予約申請を受け付けますが、感染の状況において、使用制限や利用休止となる場合がありますのでご了承ください。申し込みの来館につきましては、1団体1名様での来館にご協力ください。また、使用料をお支払いの際は、できるだけ釣銭のいらないご用意をお願いします。

使用料の還付

北名古屋市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、施設の休館(休止)が決定された日までの使用料については、文化勤労会館使用料還付請求書に振込先等、必要事項をご記入し名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館)にご提出ください。なお、還付には1か月ほどかかりますのでご了承ください。※ 振込先を通帳等で確認させていただいております。

文化勤労会館使用料還付請求書(PDF 55KB)

新たな利用上の制限事項

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設の利用には次の制限事項を順守してください。

  • 利用前に必ず検温を行ってください。
  • 利用日および利用前2週間に風邪、発熱、倦怠感、息苦しさ、味覚異常などの症状のある方は、利用を控えてください。
  • マスクは必ず着用してください。マスクを着用されない場合は、施設への入館および利用をお断りさせていただきます。
  • 水分補給以外の飲食はしないでください。(ただし、名古屋芸術大学アートスクエアについては、料理室は除きます。)
  • 定期的に換気を行ってください。(1時間に2回程度)
  • 施設を利用する前後に利用備品(机、いす、マイク、備品等)の消毒は、利用者の方で行ってください。消毒液、手袋、ペーパータオル等は受付にてお渡しいたします。
  • 他の利用者等との距離(できるだけ2m以上)を保ってください。(障害者の誘導や介助を行う場合を除く。)
  • 利用前2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症していた場合または、濃厚接触者であった場合は、利用を控えてください。また、利用後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合または、利用前2週間以内に濃厚接触者であったことが判明した場合は、名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館)へ速やかに報告してください。
  • 利用前2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または、当該在住者との濃厚接触があった場合は、利用を控えてください。また、利用後において、利用前2週間以内に当該在住者との濃厚接触があったことが判明した場合は、名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館)へ速やかに報告をお願いいたします。
  • 大ホール使用時は下記の新型コロナウイルス感染症対策事項を遵守してください。
  • 物販を行う場合は下記の新型コロナウイルス感染症対策事項を遵守してください。

大ホール使用時の新型コロナウイルス感染症対策事項(PDF 100KB)

物販を行う主催者への新型コロナウイルス感染症対策事項 (PDF 48.6KB)

新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン (PDF 715KB)
 

お問い合わせ

名古屋芸術大学アートスクエア(文化勤労会館)
電話:0568-25-5111
ファクス:0568-25-5163
E-mail:bunkin@city.kitanagoya.lg.jp