令和元年度子ども人形劇団

子ども人形劇団「子ども人形劇団シリウス☆キッズ~みんななかよし2019~」【開催結果】

今年で6年目の子ども人形劇団です。市内の小中学生15名が集まり、4月から練習を重ね、8月25日に開催したパペットフェスタで人形劇を上演しました。上演作品は、第7回北なごやおはなし大賞受賞作品を子ども人形劇団用にアレンジした「はなのあるまち」で、自分たちで制作した人形等も使って、影絵で物語を表現しました。

とき

4月20日から8月25日 午後2時から4時まで(全20回)

ところ

文化勤労会館 2階研修室他

対象

市内小中学生

講師

人形劇団あっけらかん♪

参加費

2,000円

内容

プロの人形劇団から、人形や小道具の動かし方、発声の仕方等を学び、北なごやパペットフェスタで人形劇を上演。

上演結果

  • 日時 8月25日(日曜日)1回目午後1時から、2回目午後2時から
  • 場所 文化勤労会館 小ホール
表:上演内容

北原白秋のお祭りの群読でスタート

①北原白秋「お祭り」の群読でスタート

平和な街がありました。

②あるところに平和なまち「はなのあるまち」がありました。

みんな楽しく暮らしていました。

③みんな楽しく暮らしていました。

ユニコーン達が元気に過ごしていた時のこと。

④ユニコーン達が元気に過ごしていた時のこと。

影の女王が現れた。

⑤影の女王が現れた。

色を妬む女王は、みんなの色を次々と奪っていく。

⑥色を妬む女王は、みんなの色を次々と奪っていく。

色を取り戻すことを決意するユニコーン。

⑦色を取り戻すことを決意するユニコーン達。

影の女王の元へ向かうユニコーン達。

⑧影の女王の元へと駆けてゆく。

立ちはだかる女王

⑨立ちはだかる女王。

女王は、闇の黒である自分だけ輝けないと怒り狂う。

⑩女王は、闇の黒である自分だけ輝けないと怒り狂う。

 闇の黒があるからこそ色が引き立つと説くユニコーン⑪闇の黒があるからこそ色が引き立つと説くユニコーン。

思いを伝えたユニコーンは、虹色の涙をこぼした。

⑫思いを伝えたユニコーンは、虹色の涙をこぼした。

ユニコーンの思いが通じ、改心する女王。⑬ユニコーンの思いが通じ、改心する女王。

こうして、「はなのあるまち」には再び色が戻り、キラキラした幸せな日々を取り戻した。

⑭こうして、「はなのあるまち」には再び色が戻り、キラキラした幸せな日々を取り戻した。

ご覧いただきありがとうございました。

⑮ご覧いただき、ありがとうございました。

練習の様子

表:練習の様子

発声練習

発声練習

人形の動かし方

人形の動かし方指導

人形劇の基礎

人形劇の基礎の説明

音読の練習

音読の練習

上演作品の内容理解

上演作品の内容理解

人形制作

人形制作

影絵の練習

影絵の勉強1

影絵の練習

影絵の勉強2

 背景の見せ方の練習

背景の見せ方の練習

  人形の動かし方の練習

人形の動かし方の練習

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp