○北名古屋市高齢者警報ブザー支給要綱

平成18年3月20日

告示第121号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者の外出時の安全確保のため、警報ブザーを支給することにより、安心した生活ができることを目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき北名古屋市住民基本台帳に記録されている者であって、現に本市に居住しているおおむね65歳以上のものとする。

(申請)

第3条 警報ブザーの支給を受けようとする者は、高齢者警報ブザー支給申請書(別記様式。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

(支給の決定)

第4条 市長は、申請書により、その内容を審査し、適当であると認めたときは、速やかに申請者に警報ブザーを支給するものとする。

2 支給を受けた者は、支給決定を受けた日から2年間は申請することができないものとする。

(利用者負担)

第5条 警報ブザーの支給を受けた者は、200円を負担しなければならない。

(支給品の返還)

第6条 市長は、支給を受けた者が、虚偽の申請その他不正な手段により支給を受けたときは、支給品を返還させることができる。

(雑則)

第7条 この要綱の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成24年6月22日告示第228号)

この要綱は、告示の日から施行する。ただし、「又は外国人登録法(昭和27年法律第125号)の規定に基づき外国人登録原票に登録されている者」を削る改正規定は、平成24年7月9日から施行する。

別記様式(第3条関係)

画像

北名古屋市高齢者警報ブザー支給要綱

平成18年3月20日 告示第121号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 老人福祉
沿革情報
平成18年3月20日 告示第121号
平成24年6月22日 告示第228号