○北名古屋市特別延長保育事業実施要綱

平成18年3月20日

告示第169号

(目的)

第1条 この要綱は、保護者の就労形態の多様化、通勤時間の増加等に伴い、北名古屋市保育所条例(平成18年北名古屋市条例第99号)第2条に規定する保育所(以下「市立保育所」という。)において、土曜日の午後の家庭保育が困難となる児童に対する保育サービス事業(以下「特別延長保育」という。)を行うことにより、児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象児童)

第2条 この事業の対象児童は、原則として、特別に保育時間を延長して保育することができる保育所(以下「延長指定保育所」という。)において日中から保育されている児童であって、市長が保護者の就労形態、残業等やむを得ない事情のため特別延長保育を必要とする児童とする。

(実施保育所及び特別延長保育時間)

第3条 延長指定保育所及び特別に延長して保育する時間は、別表のとおりとする。

(事業の内容)

第4条 北名古屋市子ども・子育て支援法等施行細則(平成27年北名古屋市規則第4号)第10条により市立保育所における保育の利用が決定した児童のうち、保護者の就労形態、残業等により、保育の必要な時間が長い児童の保護者の申請により、前条に定める時間以内の保育を行うものとする。

(保育士の配置)

第5条 市長は、延長指定保育所に当該事業に必要な保育士を配置するものとする。

(休園日)

第6条 休園日は、延長指定保育所の休日とする。

(申請の手続)

第7条 特別延長保育を希望する児童の保護者は、特別延長保育申請書(様式第1)を市長に提出しなければならない。

(決定及び却下)

第8条 市長は、前条又は次条の申請書を受理したときは、必要な調査を行い特別延長保育の要否を決定するものとする。

2 市長は、前項の規定により特別延長保育を許可したときは、特別延長保育決定通知書(様式第2)により通知するものとする。

3 市長は、第1項の規定により特別延長保育を却下したときは、特別延長保育却下通知書(様式第3)により通知するものとする。

(特別延長保育料の徴収)

第9条 市長は、北名古屋市子どものための教育・保育に係る利用者負担額等に関する条例(平成27年北名古屋市条例第23号)第7条の規定に基づき保護者から特別延長保育料を徴収する。

2 前項の特別延長保育料は、おやつ代に充てる。

(雑則)

第10条 この要綱の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この要綱は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成20年3月27日告示第94号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月29日告示第86号)

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日告示第97号)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日告示第119号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月28日告示第330号)

(施行期日)

第1条 この要綱は、平成28年1月1日から施行する。

(北名古屋市特別延長保育事業実施要綱の一部改正に伴う経過措置)

第5条 この告示の施行の際、第7条の規定による改正前の北名古屋市特別延長保育事業実施要綱の様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成30年3月29日告示第68号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

延長指定保育所

特別延長保育時間

能田保育園

午後1時から午後7時15分まで

久地野保育園

午後1時から午後7時30分まで

久地野保育園分園

午後1時から午後7時30分まで

鹿田南保育園

午後1時から午後7時まで

九之坪保育園

午後1時から午後7時30分まで

徳重保育園

午後1時から午後7時まで

西之保保育園

午後1時から午後7時45分まで

弥勒寺保育園

午後1時から午後7時30分まで

備考 午後6時30分以降の利用者の保護者から、別に延長保育料を徴収する。

様式第1(第7条関係)

画像

様式第2(第8条関係)

画像

様式第3(第8条関係)

画像

北名古屋市特別延長保育事業実施要綱

平成18年3月20日 告示第169号

(平成30年4月1日施行)