フォトニュース

市図書館に巨大モザイクアート (2月2日)

市図書館に巨大モザイクアート

 市図書館では、吹き抜けの壁面に大きなモザイクアートが展示されています。これは、師勝中学校の全校生徒が約1か月かけ、直径2センチの丸形シールをA4サイズの台紙に1人1~2枚を分担して貼ったものをつなぎ合わせ、縦約5メートル、横約7メートルのモザイクアートを完成させたものです。8色のシール約70万枚が使われており、近くで見ると1枚1枚シールを貼って作ったことが分かります。
 作品のモチーフにしている「椛(もみじ)」は、“大切な思い出”という花言葉だそうで、モミジの葉が舞う中をコロナウイルスに負けずに駆ける生徒が描かれています。生徒会長の西脇理桜さん(2年)は「コロナ禍でさまざまな行事が中止となる中、みんなでできる企画として先生のアドバイスもあり制作しました。地道な制作作業のことを忘れないようにしたいです。素晴らしい作品を市民のみなさんに観てもらえてうれしい」と話していました。作品は2月13日(日曜日)まで展示されています。

この記事に対するお問い合わせ先

師勝中学校(電話:0568-21-0107)

戻る▲

最近のフォトニュース

高齢者のみなさん、自転車の運転には気をつけて 本市のダンボールコンポストの取組が話題に! 1年前の痛ましい事故を教訓に 新人職員が救護所用エアーテント設営を学ぶ 当市職員が「なごチューブ」に出演しました! 食品のご提供ありがとうございました 安心・安全なまちづくり啓発動画を配信 市図書館に巨大モザイクアート 昨年に続き小学校区ごとでの分散開催 冬の夜空に色とりどりの花火