フォトニュース

避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました (5月29日)

避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました

5月29日(金曜日)、健康ドームで、保健師を中心とした医療系市職員を対象に、避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました。

講師には、医療法人済衆館の小児外科部長である勝野伸介様をお呼びし、災害時に増加する感染症や、注意すべき症状と鑑別診断、感染症対策などを学びました。その後、防護服の着脱方法を、実際に使用する防護服を使って、演習を行いました。

柴田市民健康部次長は、「今回は、医療職の方に集まっていただいた。しかし、実際に避難所で対応する職員は、医療職だけではない。今後は、医療職以外の市職員にも情報共有をしていきたい。災害が起こる前に、できるだけのことは準備し、備えておきたい。」と話しました。

参加した職員は、「防護服を脱ぐ際に、新型コロナウイルスへの恐怖を感じ、手順を1つ間違ったら感染するかもしれないと思いました。防護服の着脱に関することだけでなく、ゾーニングの仕方など、感染症対策全般について考えなければならない。さまざまな課題が見えました。」と話していました。

この記事に対するお問い合わせ先

健康課

E-mail:kenko@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

七夕飾りを笹に飾り付けました 避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました 事業者向け協力金の申請受付が始まりました 安全運転支援装置設置補助金制度スタート 卒業生だけでの卒業式 交通死亡事故ゼロを目指して ごま商品を使ってエコクッキング 「ブルーシート展張講習会」を開催しました 11月12日から11月25日は女性に対する暴力をなくす運動期間です。 新潟県妙高市への救援物資搬送に出発しました