フォトニュース

交通死亡事故ゼロを目指して (1月10日)

交通死亡事故ゼロを目指して

交通死亡事故ゼロの日であるこの日、市役所西庁舎で、早朝ならびに薄暮時の交通事故抑止を目的として、県警の白バイやパトカーのパトロール出発式が行われました。
昨年の愛知県内の交通死亡事故者数は、一昨年の189人から33人減少し156人になったものの、北名古屋市では逆に3人増加し5人となり、そのうち2人が先月中に交通事故で亡くなりました。先月30日に発生した死亡事故については、早朝に新聞配達員が犠牲となっており、統計でも薄暮時間帯の死亡事故件数が大幅に増加しています。
緊急対策として、西枇杷島警察署、愛知県警、北名古屋市、市交通安全協会、市商工会の協力で交通事故抑止の出発式が行われ、市商工会に加盟する中日・朝日・読売の各新聞販売店の代表者へ、市から反射材が贈呈されました。
長瀬市長は「夜間の交通事故発生が顕著です。市民のみなさんへ事故防止の啓発をお願いします」とあいさつし、西枇杷島警察署の中神一明署長は「今年は交通死亡事故ゼロを目標にパトロールなどに努めていきます」と話しました。この後、愛知県警の白バイ8台、パトカー4台がパトロールに出発、近くの西之保交差点付近では、電光掲示板を備えた県警の車両と、歩道でのぼりを持った市交通安全協会の方らが、反射材の着用などの啓発活動を行いました。

この記事に対するお問い合わせ先

防災交通課

E-mail:bosai@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

「災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定」を締結 経営についての「よろず相談」スタート 七夕飾りを笹に飾り付けました 避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました 事業者向け協力金の申請受付が始まりました 安全運転支援装置設置補助金制度スタート 卒業生だけでの卒業式 交通死亡事故ゼロを目指して ごま商品を使ってエコクッキング 「ブルーシート展張講習会」を開催しました