フォトニュース

ごま商品を使ってエコクッキング (12月19日)

ごま商品を使ってエコクッキング

市の環境協力団体である生活環境美化スタッフによるごみの減量と体の健康を考える「エコクッキング講習会」を開催しました。

今年度9月より北名古屋市に本社がある株式会社真誠様とのタイアップが実現し、今回が2回目の開催。同社は「健康文化を世界に」「人々の健康を心から願う」を企業理念とし、本講習会では、ごま商品の提供や食育担当の方にごまの効能についてお話を伺いました。参加者は、合計5品のメニューを作り、作り終えた後の生ごみはほんのわずかでした。

食品ロスは、日本では年間約643万トン(平成28年度推計値)発生しており、国民一人当たりでは、年間約51キロ発生しています。これは、茶碗一杯分のご飯を毎日捨てている計算になります。みなさんも積極的に食品ロスを減らし、環境にやさしい料理を作るよう心掛けましょう。

この記事に対するお問い合わせ先

環境課

E-mail:kankyo@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

交通死亡事故ゼロを目指して ごま商品を使ってエコクッキング 「ブルーシート展張講習会」を開催しました 11月12日から11月25日は女性に対する暴力をなくす運動期間です。 新潟県妙高市への救援物資搬送に出発しました 「きらり」で子どもたちが元気よく盛り上がりました くっきりと浮かび上がりました 「緑のカーテン育成教室」を開催しました 5月1日限定「令和」記念フォトブースを設置しました 天保橋が開通しました