フォトニュース

「ブルーシート展張講習会」を開催しました (11月23日)

「ブルーシート展張講習会」を開催しました

本年、台風15号・19号の強風により、千葉県を中心に屋根瓦の破損家屋が多発し、ブルーシートを張って応急処置をする例が多くみられました。一方で、シートを張ろうと屋根に上った住民が転落する事故や、屋根工事業者の不足などが、課題として浮き彫りになりました。
そこで、本市が同様に被災した場合の速やかな復旧体制の構築を目的として、令和元年11月23日(土曜日)午後1時より、徳円寺(法成寺)でブルーシート展張講習会を開催しました。

講師として、災害ボランティア愛・知・人の赤池代表をはじめとする7人をお招きし、屋根の模型を使用したブルーシートの張り方の講義や、実際に平屋の建物に上がって実習を行うなど、講習を行っていただきました。

北名古屋市建設業協議会や消防団、消防後方支援隊、西春日井広域消防本部など、約100人が参加し、ブルーシート展張のノウハウを学びました。

この記事に対するお問い合わせ先

防災交通課

E-mail:bosai@city.kitanagoya.lg.jp

戻る▲

最近のフォトニュース

「災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定」を締結 経営についての「よろず相談」スタート 七夕飾りを笹に飾り付けました 避難所運営と新型コロナウイルス感染症予防についての研修を行いました 事業者向け協力金の申請受付が始まりました 安全運転支援装置設置補助金制度スタート 卒業生だけでの卒業式 交通死亡事故ゼロを目指して ごま商品を使ってエコクッキング 「ブルーシート展張講習会」を開催しました