【市長メッセージ】コロナ感染症 まだまだ「警戒」

新型コロナウイルスの感染者が減少傾向にあることから、政府は5月14日に愛知県を含めた39県の「緊急事態宣言」を解除しました。その後、継続中だった北海道と首都圏の「緊急事態宣言」が全面解除されました。一方、愛知県は5月末まで県境をまたぐ移動は控えるよう県民に求めました。

新型コロナ感染症が全国で終息するまでは、引き続き密閉・密集・密接の「3つの密」を回避し、感染拡大防止に努めていただきますようご理解とご協力をお願いいたします。

本市では、これまでに8名の方の感染症患者が確認されています。海外での感染状況を鑑みますと、流行の第2波への備えを今から行動していかなければならないと考えています。

今後も一人ひとりが感染防止に努め、特に県が休業協力を要請しています遊興施設のある繁華街や集団感染の恐れがある施設などへの外出は、自粛いただきますようお願い申し上げます。

市民の皆様、これまでと同様に「手洗いの励行、マスクの着用、人との間隔の確保」など、新しい生活様式を実践していきましょう。

北名古屋市長 長瀬 保