文化勤労会館の呼称が令和2年4月より変わります

市では新たな自主財源の確保を目的として公共施設に呼称をつけていただき、その対価を施設の維持・管理に役立てるネーミングライツ制度を導入し、北名古屋市文化勤労会館に呼称を付与する権利を取得する法人を募集したところ、名古屋芸術大学を運営する「学校法人名古屋自由学院」から申込みがあり、当法人をネーミングライツパートナーに選定しました。

なお、詳細については、下記のとおりです。

文化勤労会館の呼称

名古屋芸術大学アートスクエア

ネーミングライツパートナー(命名権者) 

学校法人名古屋自由学院

命名の理由

名古屋芸術大学の有するリソースを活用し、北名古屋市における芸術文化の発信拠点となり、芸術による市民の交流を促進する場になるよう願い命名しました。

呼称使用期間

令和2年4月1日から令和12年3月31日まで(10年間)

ネーミングライツ料

年額200万円(消費税を除く)

※ 施設利用については、変更はありません。

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:shogai@city.kitanagoya.lg.jp