西春中学校エコ改修

西春中学校は、環境省モデル事業「学校エコ改修と環境教育事業」の選定を受け、平成17年度からエコ改修に取り組んでいます。

ハード事業

○地球温暖化を防ぐ学校改修(エコ改修)を進めるハード事業

ソフト事業

○改修事業やその過程を活かした環境教育
○学校と地域が協力した環境教育の推進や環境建築技術の地域への普及

このようにハード事業とソフト事業を一体的に進めるものです。

事業のポイント

  1. 改修により校舎の整備・運営のライフサイクルコスト・CO2削減効果を発揮すること。
    壊して建て直し、材料を捨て同じ量の材料を新たに使うことよりも環境にやさしい。
  2. 西春中学校に関係するみなさんの声を十分に引き出し事業の内容を創意工夫して、教員や生徒をはじめPTA、住民などの理解を得たものとすること。
  3. 「学校エコ改修検討会」では、地元(名古屋を含む)の事業者・技術者と環境対応を学び、みんなの提案を引き出すこと。学ぶことにより、地域の環境技術が向上すること。
    公開ヒアリング(平成18年9月3日)
    審査会
    技術提案書の内容の概要
  4. 「環境教育検討会」では、住民参加型でアイデアを練り、平成18年度からの総合的学習時間における環境教育や住民による環境教育・学習の取り組みに結び付けること。学校と地域の結び付きを見直すこと。


工事写真等

完成予想図(2.8MB)
 

お問い合わせ

学校教育課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-23-3150
E-mail:gakko@city.kitanagoya.lg.jp