台湾における狂犬病の発生について

このことについて、厚生労働省から情報提供がありました。 台湾行政院農業委員会動植物検疫局は、9月6日に、過去に採取された検体を用いた遡り調査の結果、2010年7月に採取したイタチアナグマの検体で狂犬病の感染が確認された旨の公表を行いました。
また、9月10日には、台湾において狂犬病に感染・発症した飼い犬が確認された旨を公表しています。これは、狂犬病に感染したイタチアナグマに咬まれた犬を収容施設において経過観察していたところ、当該犬が発症し狂犬病が確認されたものです。

今後も海外へ旅行される際の野生動物との接触や、動物の輸入に関して、下記のとおりご注意いただき、狂犬病の予防対策へご協力いただきます様お願いします。

今までの厚生労働省・農林水産省発表

7月17日発表(PDF形式 148KB)

9月11日発表(PDF形式 2.23MB)

 

お問い合わせ

環境課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-0611
E-mail:kankyo@city.kitanagoya.lg.jp

業務内容

浄化槽・し尿に関すること

犬・猫に関すること

公害・苦情に関すること

騒音・振動等の規制と届出に関すること

ごみ・資源に関すること

地球温暖化対策に関すること

墓地に関すること

環境調査に関すること

お知らせ

関連リンク