税務課

質問

医療費を支払ったときの医療費控除はどのようになりますか。

回答

医療費控除額は次のように計算します。ただし、200万円が限度となります。
医療費控除額=前年中に支払った医療費の合計額−保険などで補てんされる金額−(総所得金額等の5%と10万円を比較してどちらか少ないほうの金額)

例として、前年中所得400万円の方の世帯で、医療費に50万円支払い、保険会社からの補てん金が20万円あった場合、50万円(医療費)−20万円(補てん金)−10万円(所得400万円×5%=20万円>10万円)=20万円で、医療費控除額は20万円になります。

医療費控除を受けるためには、所得税の確定申告、市民税・県民税の申告書を提出する必要があります。その際、支払った医療費の内訳を医療費控除の明細書に記入し、申告書に添付する必要があります。

関連リンク

医療費控除の対象となる医療費(国税庁)

医療費控除の明細書(国税庁)

お問い合わせ先

税務課 個人市民税担当(西庁舎)

E-mail:zeimu-e@city.kitanagoya.lg.jp


戻る▲