【消費者庁からのお知らせ】天然ゴム製品の使用による皮膚障害は、ラテックスアレルギーの可能性があります

消費者庁からのお知らせ
 ラテックスアレルギーは、皮膚と天然ゴム中のラテックスタンパク質との接触により、赤み、かゆみ、じんましんなどの皮膚障害が発現するものですが、大きな特徴は、まれにアナフィラキシーショック1(血圧低下や意識障害など)を引き起こす場合があることです。アナフィラキシーショックは最悪の場合、死に至ることもあり、非常に危険です。
 天然ゴム製品を使用した際に皮膚障害を発現したことがある方は、ラテックスアレルギーの可能性がありますので、天然ゴム製品との接触は控え、アレルギー専門の医療機関に相談して、御自身がラテックスアレルギーかどうかを確認しましょう。
 また、ラテックスアレルギー患者は、栗やバナナなどの果物を食べてラテックス・フルーツ症候群2を発症することもありますので、果物の摂取にも注意が必要です。

 天然ゴム製品の使用による皮膚障害は、ラテックスアレルギーの可能性があります。アレルギー専門医に相談しましょう。[PDF:198KB]  (出典:消費者庁ウエブサイト)

                                                                   

             <本件問い合わせ>

                        消費者庁消費者安全課

                        電話:03-3507-9137

                        厚生労働省健康局がん・疾病対策課

                        電話:03-3595-2192

                        経済産業省 製造産業局 素材産業課

                        電話:03-3501-1737