【消費者庁からのお知らせ】食品による子供の窒息事故に御注意ください!-6歳以下の子供の窒息事故が多発発生しています-

消費者庁からのお知らせ
 消費者庁が、厚生労働省「人口動態調査」の調査票情報を入手・分析したところ、平成22 年から平成26 年までの5年間で、子供(14 歳以下)の窒息死事故623 件のうち、食品による窒息死事故は約17%(103 件)を占めており、食品が、子供の窒息死事故を引き起こす大きな原因の一つであることが分かりました。また、食品による窒息死事故103 件のうち、87 件が6歳以下の子供で発生していることが確認されました。窒息死事故の原因となった食品には、菓子類、果実類、パン類などがあります。
 食品による窒息事故を防止するためには、まず「食品を小さく切り、食べやすい大きさにして、よく噛んで食べさせる」など子供への食品の与え方に注意が必要です。また、「遊びながら、歩きながら、寝転んだまま食品を食べさせない」など、食事中に注意を払うことも必要です。

「食品による子供の窒息事故に御注意ください!」[PDF:400KB] (出典:消費者庁ウエブサイト)

                                                                   

             <本件問合わせ>

                        消費者庁消費者安全課

                        電話:03(3507)9200