臨時福祉給付金(経済対策分)

 平成26年4月の消費税率の引上げによる所得の少ない方への影響を緩和するため、「臨時福祉給付金(経済対策分)」を支給します。
 支給の対象になると思われる方には、世帯ごとに申請書を3月上旬に送付します。なお、平成28年度臨時福祉給付金(3千円)とは別の給付金ですので、あらためて申請が必要です。

支給対象者

  平成28年1月1日時点で北名古屋市の住民基本台帳に記録されている方で、平成28年度の住民税が課税されていない方が対象です。(平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の支給対象者と同じ)
 ただし、次の場合は対象外となります。

  1. 平成28年度分の住民税課税者に扶養されている場合※1
  2. 生活保護受給者である場合※2
     

※1…控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族(16歳未満の年少者含む)、青色事業専従者及び白色事業専従者
※2…中国残留邦人等に対する支援給付の受給者など、生活保護の基準の例による給付を受け取っている方も対象とはなりません。
 支給決定前に亡くなられた方は対象外となります。

支給額

  対象者1人につき15,000円
 

申請期間

 平成29年3月6日(月曜日)から平成29年6月30日(金曜日)まで
 ※郵送の場合は、平成29年6月30日(金曜日)消印有効
 ※期限を過ぎると給付金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

申請方法

支給の対象になると思われる方には、世帯ごとに申請書を3月上旬に送付します。       

  1. 郵送による提出
    「申請書」に「必要書類(写し)」を添付して、同封の返信用封筒で返送してください。
  2. 窓口での提出
    受付場所まで「申請書」及び「必要書類(原本)」を持参してお越しください。

必要書類…代表者の本人確認書類、代表者の振込先通帳又はキャッシュカードの写し(平成28年度臨時福祉給付金の振込先と同じ場合は不要)

≪受付場所≫
北名古屋市役所 西庁舎 1階 社会福祉課 ③番窓口
北名古屋市役所 東庁舎 1階 高齢福祉課 ④番窓口
 ≪受付時間≫
午前9時から午後5時まで

支給方法

 ご指定いただいた金融機関口座へ振込します。
 申請書をご提出いただいてから、振込までに1か月ほどかかります。
 なお、申請書・添付書類の内容や、支給要件の確認の状況によっては、さらに振込まで時間を要する場合がありますので、ご了承ください。

支給決定通知

 給付金を振り込む前に、支給対象者氏名、支給金額、振込日、振込先金融機関名などが記載された支給決定通知書を送付します。
 また、審査の結果、不支給となった場合は、不支給決定通知書を送付します。

厚生労働省のページ(参考)

 厚生労働省ホームページ(臨時福祉給付金)(外部リンク)
 厚生労働省ホームページ(障害・遺族基礎年金受給者向け給付金)(外部リンク)

”振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

  • 北名古屋市や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 北名古屋市や厚生労働省などが、給付金を支給するために、手数料の振込みを求めることなどは絶対にありません。

ご自宅や職場などに北名古屋市や厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず北名古屋市や西枇杷島警察署(電話:052-501-0110)(又は警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

お問い合わせ

社会福祉課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-24-0003
E-mail:shakai@city.kitanagoya.lg.jp