北名古屋市役所(東庁舎)食堂跡の有効活用に関する「サウンディング型市場調査」を実施します

北名古屋市では、市役所東庁舎1階の食堂跡の空きスペースについて、有効活用を検討しています。

今回、今後の活用方針を幅広く検討するにあたっての参考とするため、活用の段階で実施主体となる意向を有する民間事業者等に対して、対話形式により活用の意向や可能性を調査・把握を行う「サウンディング型市場調査」を実施します。

《活用方法の検討の手順》

   サウンディング型市場調査(今回実施部分)

   ↓

   活用方針の決定

   ↓

   活用者の公募(民間活用の場合)

   ↓

   活用者の選定・決定

※サウンディング型市場調査とは、市が施設の活用方法について幅広く検討するために、民間の活用手法や意向について情報収集するために実施するものであり、事業者を決定するための調査ではありません。また、サウンディング型市場調査への参加は、事業の採択を約束するものではなく、公募の際に有利または不利となるものでもありません。

※民間事業者による活用に効果が期待できない場合は、行政目的で利用することがあります。

メリット

  1. 広範囲で多くの活用案を得られ、活用方針を決定する際の選択肢が増える。
  2. トレンドや先進性を取り入れた時代の要請に見合った顧客(市民)志向の提案を受けることができる。
  3. 内部のみでの検討よりも、客観性や公平性を担保できる。

北名古屋市役所(東庁舎)食堂跡有効活用に関するサウンディング型市場調査の概要

本調査の申込受付期間

平成30年7月19日(木曜日)から9月10日(月曜日)午後5時まで

本調査の実施方法

市ホームページに公表している本調査の実施要領に基づき、9月に対話方式による調査(ヒアリング)を実施します。

本調査の対象者

  1. 市役所(東庁舎)食堂跡の有効活用を検討する個人又は法人
  2. 具体的なニーズの発掘や地域特性に応じた付加価値の高い事業に資する提案ができる法人

調査内容(主な項目)

  1. 事業概要(事業内容、コンセプト、想定する対象者)
  2. 事業計画(資金計画、利用者負担額の価格帯、雇用計画)
  3. 事業期間(希望年数)、営業日、営業時間
  4. 内外装、設備等の改修工事の実施の有無及び工事期間、法的な手続の必要性(用途変更等、市側への影響の有無)
  5. NPOとの連携、地域活性化への寄与、利用者の利便性やサービス向上等の提案
  6. 障害者や高齢者、幼児等の利用への配慮
  7. 維持管理及び安全衛生管理体制、セキュリティ対策
  8. その他、活用にあたっての市への要望事項等

本調査の実施要領等

  1. 東庁舎食堂跡の活用に向けたサウンディング型市場調査実施要領[PDFファイル 267KB]
  2. 東庁舎食堂跡の施設概要及び基本条件[PDFファイル 388KB]
  3. 現況写真[PDFファイル 276KB]
  4. 参加申込書[Excelファイル 14KB]参加申込書[PDFファイル 88KB]
  5. 提案書[Excelファイル 13KB]提案書[PDFファイル 97KB]

現地見学会を開催しました

開催日

8月6日(月曜日)、7日(火曜日) 午後2時から3時まで

参加組数

業種 参加組数
飲食業 3組
小売業 1組
金融業 1組
行政 2組(本市より2課)

本調査の対象となる方で、現地の見学を希望される方は、下記までご連絡ください。

日程調整の上、対応いたします。

お問い合わせ

総務課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-1800
E-mail:somu@city.kitanagoya.lg.jp