平和啓発事業

 本市では、世界の恒久平和を願い、「平和」をテーマにしたさまざまな行事、展示会を開催しています。

 平和のメッセージを市内外に伝えていく「平和風船」、戦没者に哀悼の意を表する「平和記念式典」、豊かな社会の実現と恒久平和を願い署名をご協力いただく「平和への記」や平和の願いを込めた「千羽鶴の募集」、戦争や平和に関する展示会の開催などの平和事業を展開し、平和行政を積極的に推進しています。

 また北名古屋市議会では、平成18年9月26日に「平和都市宣言」を行いました。

平和都市宣言

 世界の恒久平和は、人類共通の願いです。
 国際社会における世界平和は、全人類が共存していくための不断の努力を傾注することが、私たちに課せられた責務であります。
 しかし、現在この地球上には膨大な核兵器が存在し、人類の生存に大きな脅威と不安をもたらしています。
 こうしたなか私たちは、世界で唯一の被爆国の国民として、核兵器の廃絶と戦争のない社会を訴え、平和な心と平和なまちの実現をめざしていかなければなりません。
 ここに北名古屋市は、平和への願いをあらたにするとともに、「平和都市」を宣言します。

平成18年9月26日

北名古屋市議会

平和の使者派遣事業

 原爆を投下された広島市や長崎市で開催される平和記念式典に、市議会をはじめ、市民代表、市内6中学校の代表生徒で構成されたメンバーを派遣しています。

 平和記念式典への参列や平和記念資料館等の見学を通して、歴史について学び、被爆者の冥福を祈り、原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さを見聞するとともに、全人類永遠の平和を祈念し、平和の尊さを広く市民に伝えることを目的として行っています。

 平成30年度は、市内6中学校の代表生徒6名と市議会代表、市民代表で構成された平和の使者が、8月5日から6日までの日程で広島市を訪問しました。 

 1日目は、市民の平和への願いが込められた「千羽鶴」と「平和の記」を広島平和記念公園に献納しました。その後、平和記念資料館では被爆者伝承講和の聴講と戦争や核兵器に関する展示物の見学を通し、平和の尊さを学びました。

 

 2日目は、広島平和記念公園で行われた平成30年平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)に参列し、本市の代表として原爆死没者の慰霊と世界の恒久平和を願いました。

 今回の広島市の訪問についての感想を、8月15日(水)に文化勤労会館で開催された「平和記念式典」で、参加した中学生6名のうち2名の生徒が広島派遣で学んだことを報告しました。

参加中学生体験感想文集

 平和の使者派遣事業に参加した中学生の感想文を「中学生体験感想文集」としてまとめ、平和学習活動に活用しています。また、図書館で閲覧していただけるほか、ホームページでもご覧いただけます。

 平成30年度中学生体験感想文集(285KB)

 平成29年度中学生体験感想文集(300KB)

 平成28年度中学生体験感想文集(257KB)

   平成27年度中学生体験感想文集(392KB)

   平成26年度中学生体験感想文集(398KB)

   平成25年度中学生体験感想文集(270KB)

   平成24年度中学生体験感想文集(268KB)

   平成23年度中学生体験感想文集(277KB)

   平成22年度中学生体験感想文集(272KB)

   平成21年度中学生体験感想文集(288KB)

   平成20年度中学生体験感想文集(285KB)

 平成19年度中学生体験感想文集(225KB)

お問い合わせ

総務課
電話:0568-22-1111(代表)
ファクス:0568-25-1800
E-mail:somu@city.kitanagoya.lg.jp